ダルバート食堂 ネパール料理の定食 ダルバート 大阪

投稿者: | 2018年12月1日

ダルバート食堂 の紹介です。

ですが,その前に・・。

ROKUMEI COFFEE」の次は大阪へ行くことになりました。かなり迷ったんですけどね。

目的は「GROM」です。
大阪のパティスリーを名乗る洋菓子屋をまわったところで美味しいお店がないですし,大阪へ行く大きな目的がこの「GROM」だったんですけど,残念なことに2018年9月2日に閉店してしまいました。

この時はヴァニーユたっぷりでとても香りよく美味しかったですし,フランボワーズもなかなか,イチゴも日本では食べれない香りと味のクオリティでした。

その後,数回訪問していますが2017年9月訪問時はフランボワーズの味がおかしかったですし,2018年2月の訪問時はヴァニーユが全然香りませんでした。僕はそれが最後の訪問だったかな?味が落ちたと感じたので。
イタリアで作られたものを冷凍して輸入しているはずなので,ヨーロッパの店舗も同じように味がおかしかったのか,日本の店舗の売り上げが悪くて勝手に何かコストを下げることをやってしまったのか分かりませんが,結局日本の店舗は閉店してしまいました。まあ,予想はしてましたけどね。

GROM 大阪

ダルバート食堂

それから,夕食を食べてから帰ろうということになり「ダルバート食堂」へ初訪問。

ダルバート食堂 店

ベジターリーセット 1404円(税込)

ダル,おかず約6種類,アルタマ,ごはん,という内容です。

メニューは税抜き表示でしたが税込みで記しておきます。もちろん現在とは価格が違うかもしれません。

ダルバート食堂 ベジターリーセット

アルタマという,じゃがいもと筍のスープ。
酸味がよくきいている。発酵した筍を使う料理らしいですが,発酵の酸味というよりはレモンっぽい香りがするし,タマリンドでもなくレモンの酸味のように感じました。

アルタマ

ダルスープって優しい味わいで好きなんですが,ネパール料理のダルスープだとジンブーの香りを求めちゃって,ちょっと物足りなく感じてしまいます。もしかしたら少量入っているのかもしれませんけど。

まあ,きっと色んなタイプがあるんでしょうけどね。

ダル

週替わりダルバート(スズキのカレー定食) 1188円(税込)

追加でミニチキンカレー162円(税込),ネパール米へ変更216円(税込)。
写真手前がスズキのカレー,左がチキンカレー。

相方が注文したもの。少しもらいました。
こちらはネパール米に変更しましたが,ネパール米は粘りがなく軽くて良いですね。「ケララの風」の米(ジャスミンライスではないタイ米なんだっけ?)と似ているように感じました。ジャスミンライスは意外と粘りがありますからね。
スズキのカレーは酸味がありますが,これもレモンかな?

残念なのはチキンが臭かったこと。鶏の美味しさにプラスになる香りじゃなく,生臭いマイナスでしかない臭さ。
日本の鶏肉もその卵も餌のせいか臭いものが多いですし,火を入れても作りたては大丈夫だったとしても時間が経つと臭くなったりしますしね。
作ってから時間が経っているのか,もともと臭いものだったか分かりませんけど,とにかくこれは厳しい味でした。
フランスから帰ってきてから特に肉が臭さく感じてしょうがない。これも日本にいると慣らされていくのかもしれませんが。

週替わりダルバート

チキンが臭かったことは置いといて,一つ一つナチュラルでちゃんと美味しいんだけど,美味しいミールスのようにガツガツいきたくなるような感じではなかったかな。
何か味のつながりを感じないというか,そのせいかあまり混ぜたいともならなかったですし,混ぜることによっての相乗効果は感じませんでした。

もうひとつ香りが欲しい気がしたかな。フェネグリーク押しは嫌ですけど。

ダルバート食堂 ☆6
大阪府大阪市内久宝寺町3-3-16  06-6770-5726
営業時間 11:30~15:30(L.O.) 18:00~21:00(L.O.)
定休日 火曜日,不定休
駐車場 無
ホームページ
facebook
twitter
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。