KL Pâtisserie パリ17区のパティスリー

投稿者: | 2018年12月3日

KL Pâtisserie (カエル/ケーエル パティスリー) の紹介です。

KL Pâtisserie

2017年5月フランス旅行 の6日目。
まずは KL パティスリー へ。
どうでもいい情報から書くと, Kは “カ” に近い発音みたいですが, フランス人がしゃべっているのを聴くと カエル より ケーエル に聴こえる。 まあ, 自分が聴いたやつはですけど。

シェフの ケヴィン ラコット氏 (Kevin Lacote) はレストランでシェフパティシエを務めてきた方みたいです。
2016年10月オープン。

サロンドテ もあって中で食べることもできますが, テイクアウェイで。

KL Pâtisserie 店

 

この時は プチガトーが9種類。 5€ ~ 6€ という感じでした。

見た目がすっきりとして整っています。

KL Pâtisserie ショーケース

 

Millefeuille Caramel Vanille 6€

注文したら組み立ててくれるタイプだったはずです。

はらはらと軽いながらも 一層一層の主張がある生地。
クリームはヴァニーユたっぷりですが, マダガスカルじゃないのか 高騰で良いものが使えないのか分かりませんが, 思ったほどは香らなかったです。 見た目はすごいんだけどなぁ。
ユヌグラスアパリ (Une Glace à Paris) のコンゴ産のヴァニーユを食べてるみたいな。
しかし, フレッシュでとても軽く, やはりフランスのミルフイユは甘さがあまりないですが満足感がありました。

KL Pâtisserie Millefeuille

 

Framboise Piper 6€

KL Pâtisserie Framboise Piper

アーモンドたっぷりでザラザラとした食感と, アーモンドの味わいが主張した美味しい生地。 パートダマンドを使っているのかな?
ピスターシュのクリームは アマンドアメール などは香らず発酵系の味がしますが, 発酵系の乳製品の味ですかね。

KL Pâtisserie Framboise Piper 断面

 

Éclair au Café 5€

KL Pâtisserie Éclair au Café

まず, クリームのコーヒーの主張がすごくしっかりしており 驚きがあります。
しかも苦いだけじゃなく, 香りのふくらみがあり, 甘さも控えめなのでとてもキレがあります。 これは美味しいですね。
また, この甘さ控えめでコーヒーがしっかり香るクリームとフォンダンの甘さとのコントラストがとても良い。

コーヒー豆の細かいパウダーが入っているのかな?ってくらいの力がありました。

KL Pâtisserie Éclair au Café 断面

 

Cannelé 2€

カリッと食感が良い。
塩は強めですが, 野暮ったい感じはしないですし 旨みがあります。

KL Pâtisserie Cannelé

 

Financier Noisette Orange Confites 2€

良い焼き色で味わいもいいなぁ。
甘さは控えめ, フランスらしい力強さのある食感と歯ざわり, 期待を裏切らないオレンジの香りがいいですね。
ヴァニーユも入っていました。

KL Pâtisserie Financier

 

Madeleine 2€ (2個入り)

フルールドランジェが香り, 余韻がとても良いし長く続く。
表面のカリッとしているところも良いですね。 やや軽い食感ではありますが美味しいですね。
オレンジのゼスト入り。

KL Pâtisserie Madeleine

 

Cake Citron 11€

KL Pâtisserie Cake Citron

シトロンの香りは思ったより穏やかに香りますが, 生地の食感や味わいがとても好みです。
表面はさっくり感があって “フランスのマドレーヌ” を大きく焼いたような食感。
セバスチャン デガルダン (Sébastien Dégardin) の ケークシトロン も同じタイミングで食べましたけど, こちらの方が噛み締める美味しさ, 生地の力強さがあって個人的には好きでした。 デガルダンの方はしっとり水分が多いタイプ。
冷凍保存 (カットしてラップ&ジップロック) していたものを最後は4ヵ月後にも食べましたけど, その時でもさっくり感がありましたし 味わいもよく とても美味しかったです。 きちんと冷凍保存すれば かなり長く楽しめます。

KL Pâtisserie Cake Citron 断面

 

Cake Pain d’Épices 14€

KL Pâtisserie Cake Pain d'Épices

箱を開けるとスパイス屋の香りですが, 食べるとお菓子として心地よいスパイスの香りとバランス。
じっとりしたケークっぽいタイプではなく, ほどよく水分が抜けたような食感。
ほどよいコシと軽さで 噛み締める美味しさがあります。

KL Pâtisserie Cake Pain d'Épices 断面

特に エクレールキャフェ が印象に残りました。 日本でもこういうの食べたいですけど無理なんですかねぇ。

フィナンシェやマドレーヌも良かったですし, ケーク もポンシュなどでじっとりになったものより, こういう食感のものの方が好きかなと思いました。 まあ, ものによるかもしれないですし, 美味しいと感じるならそれで良いですけどね。

このお店は甘さが控えめなので, 日本の菓子の甘さに慣らされている人は戸惑うと思います。
しかし, これ以上の甘さは必要ないなと感じてくると思いますよ。

ただし, フランスのお菓子はよく噛んで食べてください。 日本人は全然噛まないですから 食の楽しさ美味しさを感じ取る能力が欠落している人が多いと思います。

 

KL Pâtisserie (ケーエル パティスリー)   ☆8
78 Avenue de Villiers, 75017 Paris, France   +33 1 45 71 64 84
営業時間 9:00 ~ 19:30  土曜日9:30 ~ 19:30  日曜日9:30 ~ 18:30
定休日 月曜日
イートイン 有
ホームページ
facebook
instagram

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です