ミシャラク 表参道 パリの有名店が東京へ海外初出店

投稿者: | 2020年3月18日

ミシャラク 表参道 (Michalak)の紹介です。

砂の岬でランチの次は,当時,表参道にオープンしたばかりだった「ミシャラク」へ。

【目次】

  1. ミシャラク表参道

ミシャラク 表参道

2018年10月5日,クリストフ・ミシャラク氏(Christophe Michalak)のお店が渋谷区の表参道にオープン。
ミシャラクの海外初出店が表参道店となりました。日本の運営は「ユーハイム」。
たまたま東京旅行とオープンのタイミングが重なったので,予定にはなかったのですが行ってみることに。

ミシャラク 表参道 店

店内

このエリアの客層はどんな感じなのかいまいち分からないですけど,渋谷とか原宿をイメージする雰囲気には合っているとは思う。

ミシャラク表参道 店内

この時はオープンしたばかりということもあって,ミシャラク氏が来てました。

ミシャラク 表参道 店内2

ショーケース

プチガトーは税込みで702円~864円でした。
この辺りは学生とか若者が多い気がしますが,ポップと言ったらいいのか,そんなお店の雰囲気や印象のお菓子は合っていると感じますが,そういう層がケーキ1つに800円も出すかは疑問。何故かパンケーキは高くてもいいみたいですけど。

ミシャラク 表参道 ショーケース

このケークはパリのものは美味しかったですけど,これはどうなんでしょうね。
どれだけフランスの味に近づけようとしているか確かめてみたいですけど。

ミシャラク表参道 ショーケース2

パブロバ 810円(税込)

シトロンヴェール(ライム)のムラングが良いですね。
ローズマリーっぽいニュアンスも感じましたが,多分入ってはないかな。
確か甘ったるくも感じず,軽くて思ったよりちゃんと美味しかった印象です。

ミシャラク 表参道 パブロバ 810円

クラシック・タルト・ユズ・シトロンヴェール 810円(税込)

Michalak クラシック・タルト・ユズ・シトロンヴェール 810円

柚子の香りがはっきり分からないですし,シトロンヴェールなど柑橘の主張が弱くレアチーズケーキ食べているような感じでした。
底の生地は塩がダイレクトに感じられ,ガレットブルトンヌのようなもので,これは良いですね。

Michalak クラシック・タルト・ユズ・シトロンヴェール 断面

ルリジューズ 702円(税込)

キャラメル味のものなんですが,これは良い部分がなかったですね。
接着用のチョコみたいなものがすごく不味くて邪魔してたりします。
フォンダンみたいなものはパートダマンドが入っている感じですね。

Michalak ルリジューズ 702円

湿気り防止などのコーティングみたいなもの(パータグラッセ?)が,食べたお菓子の何箇所かに使ってあったと思うのですが,これが不味くて邪魔してましたね。
あとは特に素材の良さも感じませんでしたし,全体的な印象は普通ですね。

モバイルアプリで「コスミック(kosmik)」という透明な容器に入ったグラスデザートみたいなお菓子をカスタマイズして注文できるんですが,それを食べてみればよかったかなと思っています。

機会があればもう一度行ってみてもいいのですが,わざわざ再訪することはなさそうな気がしますし,ここで長くやっていけるようなお店とは思えないかな。

クリストフ・ミシャラク Paris その1 記事はこちら
DIABOLIK,DIABOLIK MIEL SESAME,KANISTRELLI

クリストフ・ミシャラク Paris その2 (コジータism) はこちら
Cake Miel Pistache,Cake Citron

クリストフ・ミシャラク 表参道 (コジータism) はこちら
パブロバ,クラシック・タルト・ユズ・シトロンヴェール,ルリジューズ

Michalak 表参道 ☆6
東京都渋谷区神宮前6-2-9  03-5774-6311
営業時間 11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 年末年始
駐車場 無
イートイン 有
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です