【リベルテ】パリ発で日本2号店の京都でケーキとパン

投稿者: | 2021年7月14日

京都市中京区にあるパティスリーブーランジェリー,リベルテ(LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE)の紹介です。

ホテル」にチェックインしてから「リベルテ」へ行ってみました。生菓子とクロワッサンとブリオッシュプラリーヌを購入。

【目次】

  1. LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE

リベルテ パティスリーブーランジュリー京都

LIBERTÉ」は2013年にパリ10区にオープンしたお店で,2018年3月24日に世界展開1号店として東京吉祥寺にオープン。その約半年後の2018年10月5日に京都店がオープンしました。

ちなみに僕はパリのお店へ行ったことがあり,ババ(商品名はBOBO)とタルトシトロンしか食べてないので分からないことが多いですが,そんなに良い印象はありませんでした。パンを食べるべきお店だったかもしれません。

【記事】「Liberté」パリ旅行2014年10月

例によってフランスのお店が日本にオープンしてもフランスそのままってことはなく,材料など変えてしまうし日本独自に余計なことをやってしまうのでいつも期待はしてませんが,どれだけフランスを感じられるクオリティのものを提供する気があるのか,日本の運営会社の姿勢など興味があります。

ところで,「リベルテ」という名前のお店は京都にもう1店ありますが,そこは町のベーカリーという感じのお店でこことは全く関係がありません。

リベルテ 外観

店内

店内に入って左側に厨房とショーケース,右側がカフェスペースとなっています。結構広い。

カフェではランチなどもやっています。

リベルテ 店内

ショーケース

少し値上げされているようで,現在は税込み626円~788円という感じですね。

パリの店舗でもあまり印象に残らなかったので期待できませんでしたが,タルトシトロンを含め3つ購入してみました。

リベルテ 冷蔵ショーケース

こちらはアントルメ。

LIBERTÉ 冷蔵ショーケース アントルメ

こちらはパンがずらりと並びます。試食ができるものがいくつかありました。現在は新型コロナのこともあって試食はないかも?

店員さんに聞いたらパンドミジャポネ以外はフランス産小麦100%だと言ってましたけど,ブレンドですよね?オープン当初はそうだったとか?

リベルテ パンのショーケース

この辺り試食しましたけどちゃんと美味しかった印象です。

LIBERTÉ パンの棚

この数か月後に訪問した時にバゲットソバージュってのを食べたんですが,なんか味も食感もフランスっぽさを感じませんでしたね。

LIBERTÉ バゲット

Praliné(プラリネ)」じゃなくて「Pralines(プラリーヌ)」じゃないのかな?プラリネだとペーストの認識ですけど違いますかね?

LIBERTÉ パン棚 ブリオッシュプラリーヌ

マルシェ 724円(税込)

たまに見かけるタンブランっていうお菓子みたいなものかなと思います。色々フルーツが入っていますが一体感はなく,味のつながりがなくバラバラな印象。

上のジュレみたいなものは単に艶出しという感じで味がなく,おそらくナパージュヌートルみたいなのを流してるだけだと思いますが,こういうところの味も意識して味を組み立てると変わってくるんですけどね。

クリームは確かムースリーヌだったと思いますが,香りなくミルキーな印象のみでした。オレンジとかきかせたくなりますね。生地はアーモンドを使っているはずですけど味も食感も主張がないですね。

リベルテ マルシェ

タルトシトロン 605円(税込)

求めていたシトロンの香りや味わいは感じませんでしたし,生地に対してクリームの割合が多すぎると感じました。また,ほんのりですが鉄っぽさと卵による臭さを感じますね。

ちなみに,こういうクリームの絞りだと表面積が増えるので劣化を早めるかなと思いましたね。

リベルテ タルトシトロン

ガトーバスク 367円(税込)

中のさくらんぼのジャムみたいな部分は酸味がしっかり補強してある感じで,これによって重くならずに良いですね。また,生地の味と食感に少しフランスのお菓子っぽさを感じました。これは想像していたより良かったです。

LIBERTÉ ガトーバスク

クロワッサンリンツァー 443円(税込)

赤い部分は色だけかなと思います。不快な焦げ味はないですし,少し食感の頼りなさを感じるものの味は良かったです。中のフランボワーズジャムも思ったより良かったです。

リベルテ クロワッサンリンツァー
LIBERTÉ クロワッサンリンツァー断面

ブリオッシュプラリネ 389円(税込)

上の方で少し書きましたが,お店の表記通りに「ブリオッシュプラリネ」としておきます。

リベルテ ブリオッシュプラリネ

フランスでいくつか食べてきましたけど,やはり食感など日本だなと感じるもので頼りなさがあります。そういった生地の食感や味わいは気になるものの,中のプラリーヌと合わさるとミルキーな味わいが引き出されてそこそこ美味しい。コーヒーのお供に良いですね。

LIBERTÉ ブリオッシュプラリーヌ断面

ホテルの部屋にあったネスプレッソでコーヒーを淹れてケーキやパンを食べました。

ホテルのネスプレッソ

生菓子はイマイチでしたがガトーバスクは思ったよりは良く,パンは僕が期待するようなフランスらしさは物足りないですが,日本にあるパン屋と思えばまあまあなんじゃないですかね。この時食べたクロワッサンリンツァーとブリオッシュプラリーヌはちょっと高いなとは思いますけど。

評価付けづらいですが☆6としておきます。菓子が☆5でパンは☆6という感じですね。大箱の割にはそこそこちゃんとしていると思いますし,カフェとしても普通に使えるお店だと思いますね。

LIBERTÉ ☆6
京都府京都市中京区御射山町273 プラウド京都東洞院  075-366-4361
営業時間 9:00~19:00(カフェL.O.18:30)
定休日 無
駐車場 無
イートイン 有
ホームページ
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です