アムール・デュ・ショコラ 2018 名古屋タカシマヤ/催事

投稿者: | 2018年2月5日

アムール・デュ・ショコラ 2018 に行ってきましたので 紹介します。

アムール・デュ・ショコラ (Amour du Chocolat!)

ジェイアール名古屋高島屋で 1月19日 ~ 2月14日 まで行われている アムール デュ ショコラ。

「8年連続売上日本一」の バレンタイン催事 だそうですが, 僕は ほとんど興味がなくなり 名古屋駅に用事があるときに チラッ と寄るくらいですね。 そんなわけで, 今回は パスポート の関係で 名古屋駅 に行ったのでついでに寄ってみました。

→ここ とか →ここ などで細かいことは何度か書いてますが, 簡単に言うと 美味しいチョコレートが集められたイベントというわけではないですので, 個人的には魅力を感じません。 しかも 無駄に高いですしね。

アムール・デュ・ショコラ ディスプレイ

 

平日でしたけど, ものすごいお客さんでした。 儲かりますね~。

売り場面積も以前より広がってますね。

アムール・デュ・ショコラ 人ごみ

 

サダハル アオキ (Sadaharu AOKI)

そういえば, シェ シバタ の 柴田シェフ が 青木シェフ のことを 自身のブログ と instagram で猛烈に批判してましたね。
「妬むのもほどほどにして欲しい」 とか 「同じ日本人パティシエとして残念だ」 など。 ブログに書いちゃうほど 仲が悪いんですね(笑)

「まだまだ書く事はあるからな!!」だそうです。 続編期待してます。

ちなみに, インスタのハッシュタグで 「#負け犬の遠吠え #おとなげない」 なども付けてましたけど, 自虐なのか何なのかは分かりません。

まあ, 個人的にはもちろんどうでもいい話ですが, 僕から言えることは「二人とも真っ当な美味しいお菓子を作って下さいよ」ということですね。 青木シェフには ジャン ミエ をどこに隠したのか聞いてみたいですね(笑)

アムール・デュ・ショコラ サダハルアオキ

 

フレデリック ブロンディール (Frederic Blondeel)

1994年創業 の 本格ショコラティエ。

「ショコラには不思議な魅力がある・・・。 私は魅力と情熱を感じ, そのカカオが持つ本来の香りを探し求めています。」

F.ブロンディールが作るチョコレートは カカオの酸味, 苦味, 渋みを吟味した 産地特有の クーベルチュール を組み合わせることにより 最高のショコラを作り上げます。

引用元 : お店のリーフレット

アムール・デュ・ショコラ フレデリック・ブロンディール

 

色々なお店のショコラを試食しましたが, ここが一番良かったかな。 購入には至りませんでしたけどね。

自家焙煎しているそうです。 やや弱弱しいけど カカオの味がしましたし, キレもありました。
ボンボンショコラを試食しましたが, タブレットが少し気になりました。

アムール デュ ショコラ で 僕が購入するとしたら ここのショコラかな。 しかも 他と比べて安いですし。

アムール・デュ・ショコラ フレデリック・ブロンディール ショーケース

 

ブルーノ ル デルフ (Bruno Le Derf)

1971年フランス, ノルマンディー生まれ。

15歳から製菓を学び, レンヌの 「ル デュック」, ストラスブールの 「ネゲル」, ブリュッセルの 「マイユ」 で パティシエ・ショコラティエ としてのキャリアを積んだ後, 「ル コルドンブルー」 のテクニカルディレクターに就任。 2007年, ショコラティエ部門 で M.O.F. (フランス国家最優秀職人章) のタイトルを獲得。 2012年, ブルターニュの ヴィトレ にショコラトリー 「ブルーノ ル デルフ」 をオープン。 現在6店舗を展開する。

引用元 : お店のリーフレット

アムール・デュ・ショコラ ブルーノ・ルデルフ

 

ショーケース。

アムール・デュ・ショコラ ブルーノ・ルデルフ ショーケース

 

キャラメルのクリームを試食しましたけど, これは美味しいですね。 個人的には使いどころがないけど。
ボルディエのバターを使ってるんだったかな?

アムール・デュ・ショコラ ブルーノ・ルデルフ キャラメルなど

 

ガレット ブルトンヌ 1512円 (税込)

この催事で唯一購入したもの。 ブルーノ ル デルフ の ガレット ブルトンヌ。

「フランスで作ったものを輸入している」ということだったので購入しました。 日本で作った 「材料も違うのにその店の名前が貼ってあるだけのもの」 は要らないですからね。

やはり, 日本で ガレット ブルトンヌ として売られているものと違って分厚くない。

味は思ったより塩が控えめでした。 甘さもやはり日本の方が確実に甘い。 フランスの菓子を 「甘ったるい」 と言う人は何なのだろうかとつくづく思う。

若干, 香りの悪さを感じてすごく美味しいとは思わなかったけど, フランスらしいバターの余韻が長く, 食感も力があって良いですね。

アムール・デュ・ショコラ ブルーノ・ルデルフ ガレット・ブルトンヌ

岐阜県各務原市の TAKIMOTO のショコラはドモーリ (DOMORI) を使用していますが, 試食をしたところ 香りは感じられるけど, すごく のばしたような薄い味わいでしたね。

ということで, ショコラの催事なのに ショコラを購入せず(笑)

まあ しょうがない。 試食すると 購入する気がなくなる味のものばかりですしね。 そのくせ高い。

知らない人のために言っておきますが, 高いからって 質の良いショコラを使って作っているわけではないですからね。 しかも, 何ヶ月も前に作られたものだったりするわけです。

催事 一覧はこちら

 

アムール デュ ショコラ 2018 (Amour du Chocolat!)
ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場
1月19日(金) ~ 2月14日(水)

 

スポンサーリンク


アムール・デュ・ショコラ 2018 名古屋タカシマヤ/催事」への2件のフィードバック

  1. kumikoだけでいいですか?先日もコメしました

    やはりコジさんも買われたのですね
    私もフランスから持って来たと聞いて購入したんですよ
    ブルターニュは食材の宝庫ですよね、美味しかったです♪

    返信
    1. コジータ 投稿作成者

      kumikoさんへ

      この催事ではショコラは購入する気になれるものがなかったので、ガレットブルトンヌを購入しました。
      価格もそれほど高くなかったですし、こういう輸入した焼き菓子があると嬉しいですね。
      ブルターニュはお土産は色々もらいましたが、行ったことはないので一度行ってみたいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です