オ・ボワット・ジョーヌ (Aux Boîtes Jaunes) パリ その1

投稿者: | 2018年3月19日

オ・ボワット・ジョーヌ (Aux Boîtes Jaunes) の紹介です。
2017年1月のフランス土産 の続き。

 

Aux Boîtes Jaunes (オ・ボワット・ジョーヌ)

パリ14区にある ブーランジュリー パティスリー オ ボワット ジョーヌ (boulangerie pâtisserie Aux Boîtes Jaunes)。

Pernety (ペルネティ駅) のそばで, 近くには ラ カンティーヌ デュ トロケ (La Cantine du Troquet) がある。

オ・ボワット・ジョーヌ ロゴ

 

Basque

生地はすごくシンプルな感じで, アーモンドも入ってなさそうなものなんですけど, 素朴に美味しい生地。 日本との材料の質の差を ものすごく感じてしまう。 バター, そして粉の差。
そして, 中の アーモンド押しのクリーム がとても良い。 粗さのある アーモンドプードル がたっぷりでアーモンドの味わいや歯ざわりをしっかり感じる。 そして, ほのかに香る アマンドアメール。 これは1つの基準になりますね。

ただ, 2017年5月のフランス旅行 の時に食べたものは やや印象が違ったので, ブレはありそうかな。 ちゃんと美味しかったですけどね。 とても大きくて 2.5€ と安い。
オ・ボワット・ジョーヌ ガトー・バスク

 

Sablé Niçois

オ・ボワット・ジョーヌ サブレ・ニソワ

サブレ・ニソワ というお菓子。
食べた感じ, ガトー・バスク に近いものを感じましたね。 材料的には同じようなものだとは思いますしね。
アマンドアメールは香らず, ヴァニーユがきいているからなのか, 少しマロンペーストを思い出すような味わいを感じます。

中はしっとりめで, 側面と底がさっくりしていたので タルト だと思って食べてたけど, こういうのも サブレ って言うんだなぁ。
焼き方で タルト っぽく感じる外側と内側の対比。

シンプルに美味しかった。 こういう何気ないものが旨いんだよね。

オ・ボワット・ジョーヌ サブレ・ニソワ 断面

情報がほとんど出てこない謎のお店ですが,  今回紹介したお菓子はとても美味しかったです。
細かく計算されて作られている って感じはしないんですけど, 美味しいんです。 あたたかみがありながら迫力もある。

去年, 僕もこのお店へ行ってみましたが, 最近のきれいな感じのお菓子が並ぶお店ではなく, フランスによくある 「町のパン屋さん」 的なお店でしたので 旅行者はあまり行かないかもしれないですね。 なので 情報がないのかなと。

こういうお店はフランスにいくらでもありそうな気はしますし, パリで絶対に行くべきお店 ではないかもしれませんが, 近くに行くことがあれば 何か食べてみると良いと思いますよ。

 

Aux Boîtes Jaunes (オ ボワット ジョーヌ)   ☆7
85 Rue Raymond Losserand, 75014 Paris, France   +33 1 45 43 28 09
営業時間 7:00 ~ 20:15
定休日 月曜日
テイクアウトのみ

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です