ティエリー・マークス (Thierry Marx) パリ/ブーランジュリー

投稿者: | 2018年6月6日

ティエリー・マークス (Thierry Marx) の紹介です。

ティエリー・マークス

アン ナムール ド ババ (Un Amour de Baba) の次は ラ ブーランジュリー ティエリー マルクス (La Boulangerie Thierry Marx) へ。

ティエリー マルクス 氏 (Thierry Marx) はフランスの有名シェフ。 オープンは 2016年6月。
ブーランジュリー じゃないですけど, 東京にも展開してますね。

ティエリー・マークス 店

 

イートイン できます。
椅子が スクーター になっているという ユニークな店内。

ティエリー・マークス 店内

 

冷蔵ショーケース。
今回 プチガトー は購入しませんでした。
ショーケースの上にある マドレーヌ と フィナンシエ くらいは買っておけばよかったです。

ティエリー・マークス 冷蔵ショーケース

 

ヴィエノワズリー (Viennoiserie)

ティエリー・マークス ヴィエノワズリー

 

ブリオッシュ フイユテ (Brioche Feuilletée) を食べてみたかったですけど, 大きいのでやめてしまいました。

中国人っぽい店員さんは 感じよくなかったです。 全体的にフランスの接客はとても好印象なんだけど, アジア系 と アフリカ系 の店員さんなどは印象が良くないことが多いかも。 特にアジア系。

ティエリー・マークス パン ショーケース

 

Croissant 1.1€

ティエリー・マークス Croissant

大きいけど 思ったより軽い。
大きく ややスカスカとした感じもあるけど, 一層一層が力強く 美味しい。 好きなタイプではないですけどね。

フランスの クロワッサン としては焼き色が強めですが, 特に不快な味わいなどはありませんでした。

ティエリー・マークス Croissant 断面

 

Brioche Tressée 3.6€

ブリオッシュも色んなタイプがあるけど, 想像していたより きめ細かく軽い印象でしたね。

バターの良い余韻があって ちゃんと美味しい。 まあ, 大体どこも一定以上の美味しさがありますし, フランスで不味いレベルのパンを見つける方が難しいと思いますけどね。

ティエリー・マークス Brioche Tressée

 

Barre Énergie Marx 2.5€

ミューズリー を ベラヴェッカ みたいにつないだような品。
ゴマやアーモンドなどナッツ系のものやドライフルーツなど色々入った そういう味ですね。

ドライフルーツが美味しいですし, 美味しくできてますね。

ティエリー・マークス Barre Énergie Marx

 

ニル通り (Rue du Nil)

ここで食材をちょっと見ましたが, 何も買ってないです。

Rue du Nil

ティエリー マークス のパンはちゃんと美味しかったですけど, フランスにいればどこでも食べれるようなレベルの味かなと思いましたし, また行ってみたいとまでは思わないですね。
もともと, それほどパンに興味がないというか そんなに食べたくならない というのもありますしね。

 

Thierry Marx (ティエリー マルクス)   ☆6
51 Rue de Laborde, 75008 Paris, France   +33 1 45 22 95 20
営業時間 7:30 ~ 20:00
定休日 日曜日
イートイン 有
ホームページ
facebook
instagram

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です