ヌメロサンクパリ(Numéro 5 Paris) フランス人シェフ

投稿者: | 2020年3月25日

ヌメロサンクパリ(Numéro 5 Paris)の紹介です。

ケララの風Ⅱのミールスを食べてから,目黒区にある菓子屋へ。

【目次】

  1. Numéro 5 Paris

ヌメロサンクパリ

シェフのマチュー・パンソン氏は2012年に来日。製菓学校の講師や「グリーンビーントゥバーチョコレート」,「ピエール・エルメ・パリ・ジャポン」を経て,2018年8月5日に「Numéro 5 Paris」をオープン。

ヌメロサンクパリ 店

階段をのぼって2階が入口。

ヌメロサンクパリ 入口

店内

ショーケースは無く,写真のような感じでサンプルが置いてあります。
この時(2018年10月)はプチガトーが1つ税込み648円でした。オープンして2カ月くらいでの訪問だったので,現在と違うところが色々あるかもしれません。

ヌメロサンクパリ 店内

カウンター席が4席程度だったと思いますが,店内限定のパフェもあります。
フランス人シェフのお店って,物が少なく厨房がすっきりとして綺麗なイメージがあります。

Numéro 5 Paris 店内カウンター

焼き菓子など

買ってみようかなと見てみたんですけど,どうも日本の洋菓子屋さんの菓子っぽく見えてやめてしまいました。フランス産の粉は使ってないのかな?

ヌメロサンクパリ 焼き菓子など

モンブランとすだち 648円(税込)

ヌメロサンクパリ モンブランとすだち

中心にある「すだち」は突き抜けるような香りはないものの,この青さを感じる味が悪くないですし,こういう組み合わせは嫌いじゃないです。
ただ,マロンの味が弱弱しいですね。

Numéro 5 Paris モンブランとすだち 断面

パンソン家のタルトタタン 648円(税込)

もう少し味わい香りの明るさや酸味が欲しいですね。
日本のリンゴでしょうし,諦めないといけないのでしょうけど,やはり力がないですね。何かで補強したいです。
土台は焼き過ぎなのもあると思いますが,香りが悪いですね。

Numéro 5 Paris パンソン家のタルトタタン

ティラミス・アンポルテ 648円(税込)

Numéro 5 Paris ティラミス・アンポルテ

上にのった四角いものは総菜系に感じる味がしちゃってます。
中にコーヒーゼリーが入っていて,わりとしっかりした食感なんですが,これくらいの方が自分は好きかも。
上にのった焼き菓子を食べなければちゃんと美味しいティラミスです。
確か,アマレットもきいていたと思います。

Numéro 5 Paris ティラミス・アンポルテ 開封

日本に来て長いから染まってしまったのか,焼きが強い印象があり,ところどころ不快な香りや味がしちゃってたのが残念です。
それを除けばちゃんと美味しく出来ているとは思うのですが,香りのふくらみや盛り上がってくるようなものは感じられず,材料は僕が求めているようなものは使ってないかなという印象でした。
シェフがフランス人でもやはり日本ではフランスクオリティにはならないですね。まあ,それは難しいのは分かってますが,もう少し「味」でフランスを感じたいです。

Numéro 5 Paris ☆6
東京都目黒区緑が丘1-23-10  03-6421-4075
営業時間 10:00~18:00
定休日 月曜日,第1・第3火曜日
駐車場 無
イートイン 有
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です