なだ万雅殿 ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 夕食と朝食

投稿者: | 2019年12月4日

なだ万雅殿 の 紹介です。

江の島 を 観光してから, ザ プリンス 箱根芦ノ湖 へ。

目次
1: ザ・プリンス 箱根芦ノ湖
 ガーデンビュー ツインルーム
 館内ぶらり
  スーベニアショップ

2: 箱根 なだ万雅殿 夕食
 花会席
  日本酒 なだ万本醸造
  先付 (昆布 大豆旨煮 切り胡麻 法蓮草お浸し 揚げするめ トマト寄せ)
  温菜 (枝豆和風ポタージュ 女鯒素揚げ 蓴菜)
  造り (スズキ洗い 鮪)
  煮物 (道明寺饅頭 青紅葉麩 角切りベーコン 青さ海苔餡掛け)
  焼物 (メカジキとろ西京焼き アスパラ酢漬け 豆そぼろ)
  食事 香の物 止椀
  デザート (グラマラッカ)
3: 箱根 なだ万雅殿 朝食, ホテル チェックアウトへ
  和朝食膳
  なだ万から見える芦ノ湖
  ラウンジ やまぼうし

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

この日の夕食は, ホテル内にある 「なだ万雅殿」 で食べることになっていたので, いつもなら遅い時間にホテルに戻るところですが, 早めにホテルに行って チェックイン。
写真はこの日の早朝に訪れた時のもの。

ザ・プリンス箱根芦ノ湖 外観3

ガーデンビュー ツインルーム

本館西棟 38㎡, もちろん禁煙の客室。
しかし, いまだに 喫煙可 の 客室も多く用意されています。 日本は遅れている。
そういうこともあってか, 禁煙の客室でも 「シーツ が タバコ臭い」 ことがたまにありますね。 ザ・プリンス パークタワー東京 に 泊まった時がそうだったかな。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 客室

芦ノ湖が見えない ガーデンビュー の 部屋ですが, 早朝に訪れて 散々眺めたので別にいいです。
自分の場合, 夜に寝る以外は ホテルで過ごすという使い方をほとんどしないので, この広い部屋も もったいないかも。 出かけちゃいますからね。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 客室2

館内ぶらり

夕食まで少し時間があったので, 館内をぶらり。
お客さんは少ないですね。
そういえば, 最近は ホテルの従業員も外国人が多いんですかね。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 ホテル内
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 ホテル内2

スーベニアショップ

お土産屋さん。 欲しいものは無いです。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 スーベニアショップ(ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 本館1F)

箱根 なだ万雅殿 夕食

夕食の時間になり, なだ万雅殿へ。
しかしこのホテルはどこを歩いているのか分かりづらいですね (笑)
年配の方は, 部屋からレストランまで迷わず行けるんですかね? 部屋に戻るときも。

なだ万雅殿 入口

天井が高く広々としています。
お客さんはいません。

なだ万雅殿 店内

花会席

食事は宿泊とセットなので内訳はわかりませんが, それなりにすると思います。 ただ, 料理には全く期待はしてませんでした。

日本酒 なだ万本醸造

せっかくなので日本酒を。
新潟の酒だそうですが, ペラペラな味の印象でした。

なだ万雅殿 日本酒 なだ万本醸造

先付 (昆布 大豆旨煮 切り胡麻 法蓮草お浸し 揚げするめ トマト寄せ)

法蓮草のお浸しは, いわゆる「めんつゆ」っぽい味で, ちょっと甘いし強い味。
昆布と大豆の旨煮も甘めです。 和食って大概これだからなぁ。
トマト寄せはデザートとしていけそうな味。 トマトの味わいもあるし, 香りが良いです。
先付でいきなり全部甘かったです。 これが日本の大概の和食。 だから嫌になります。

なだ万雅殿 先付

温菜 (枝豆和風ポタージュ 女鯒素揚げ 蓴菜)

魚の出汁が主張しますが, やや味が濃いです。
枝豆の味はあまりしなくて残念。

なだ万雅殿 温菜

造り (スズキ洗い 鮪)

家から真っ当な醤油を持ってくるべきでしたね。

なだ万雅殿 造り

煮物 (道明寺饅頭 青紅葉麩 角切りベーコン 青さ海苔餡掛け)

なんだこれは酷いな。 道明寺饅頭だろうけど, 食事でこんな甘いペースト的なもの出されてもなぁ・・。
味が強いし, 甘いし, ベーコンも意味が分かりません。 ケミカルすぎる。

なだ万雅殿 煮物

焼物 (メカジキとろ西京焼き アスパラ酢漬け 豆そぼろ)

ん~, 余計なものが色々入った味。 舌がいかれそう。
全てが甘いですねぇ。 なんで和食ってこうなの?
黄色の器のものも, いわゆる福神漬けみたいなケミカルな味。 舌がひん曲がりそう。

なだ万雅殿 焼物

食事 香の物 止椀

米は 夢ごこち米 だそうです。 赤だし は 忘れました。
大根甘い, 砂糖味。 葉は大丈夫でした。

なだ万雅殿 ごはん 赤だし

デザート (グラマラッカ)

ココナッツミルクを使ったもの。
想像通りの味です。

なだ万雅殿 グラマラッカ

何を食べても甘く, 本当に疲れる味です。 そしてケミカル。
こういうホテルで, それなりの価格であっても, まともなもの (高級な食材という意味ではない) が食べれないというのはとても残念ですね。

食事の後は, 敷地内の自家温泉「蛸川温泉」を使用したという大浴場, 「箱根 湖畔の湯」 があり, 入りましたが あまり記憶にありません。 別館にあり, 部屋から結構遠かった記憶はあります。

箱根 なだ万雅殿 朝食, ホテル チェックアウトへ

翌日, 朝食も付いていたので「なだ万雅殿」へ。

和朝食膳

ということで朝食。
夕食の印象がとても悪かったですが, この朝食は「ビジネスホテル の 朝食バイキングレベル」では?
もう, 2食連続スイーツです (笑)
あんまり食べませんでしたが, 舌と身体がおかしくなりそうです。
こういう食事は絶対不健康だと思いますね。 どれを食べても甘い, そしてケミカル。
既製品の盛り合わせですかね。 3000円もする朝食なんですから, ちゃんとしてもらわないと困りますよね。 ほんと, 日本の食レベルの低さが残念に思います。

なだ万雅殿 朝食

なだ万から見える芦ノ湖

天気が良くない。

芦ノ湖
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 花

ラウンジ やまぼうし

ホテルのケーキ。 見た目からして期待できないですね。
材料的にも不安しかありませんし, 食べてません。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 ケーキ ラウンジ やまぼうし

この日はほとんど何も決めてませんでしたが, 伊豆の方へ寄り道することに。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 チェックアウト

現在は知らないですけど, 「なだ万」 って ミシュランで星が付いてた店舗がありましたよね? 店舗によって位置付けやコンセプトが違うんでしょうけど, さすがにこれは酷いなと思いました。

ホテル自体には特に不満もないですし, 村野藤吾の建築物が好きな人は 一度泊まる価値があると思いますが, 食事なしプラン にした方がいいですね。
この価格帯のホテルと食事でも, 日本では美味しいものは食べれません。

なだ万 雅殿  ☆1
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144 ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 本館 東棟・G階   0460-83-1080
営業時間 朝食 7:30 ~ 10:00 (L.O. 9:30) 昼食 11:30 ~ 15:00 (L.O. 14:00) 夕食 17:30 ~ 21:00 (L.O. 20:00)
定休日 無
駐車場 有
ホームページ
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です