モンマルシメ 南インド料理 ミールス 長野県 飯綱町

投稿者: | 2019年1月15日

モンマルシメ (MON marushime) の紹介です。

2017年7月 は 長野へ1泊旅行へ行ってきました。
メインは 軽井沢 でしたが, まずはずっと行きたかった モン マルシメ へ。

モンマルシメ

いや~遠い。 名古屋からだとすごく遠いですね。
長野県へ入るのはわりとすぐですが, 北部にある長野市よりも更に北にあり, ほとんど新潟県ですね。

2015年4月 にオープンしたお店で, シェフは 大森の ケララの風 (現在 ケララの風 モーニング というお店になってしまいました) で修行された方で, なんどり にもおられたようですね。 

店名の由来は, シェフの おばあさん が やっていた おでん屋さんが「モン」という名前で, 両親のお店が「マルシメ」で, その2つを合わせたみたいですね。

モンマルシメ 店

この時は7月でしたが, エアコンが付いていると思ったくらい涼しく, すごく風通しが良くて気持ち良かったです。

モンマルシメ 店内1

南インドの定食 ミールス 1500円 (税込)

サンバル, ダール, ラッサム, コリンキーのトーレン, アヴィヤル, トマトのパチャディ, 杏のアチャール, ココナッツチャトニー, パパド, インディカ米, ドリンク。

ケララの風Ⅱ のように おかわり もできます。

ドリンクは マサラチャイ, コーヒー2種類, ダージリン, ラッシー から選べました。

モンマルシメ ミールス 全体

サンバル は 少し大きめの器で出てきます。
サンバル は いっぱい食べたいので嬉しいですし, 期待通り美味しいですね。
まあ, おかわり できますけどね!
チリ系の味がそこそこ感じられる サンバル だったと思います。 

モンマルシメ サンバル

うまい!!
ケララの風 の味にやっぱり似てますね。 塩は ケララの風 より強めですね。
ダルはギーが多いのか, 個人的には香りがちょっと重く感じたかな。

モンマルシメ ダール ラッサム

アヴィヤル と トマトのパチャディ。

モンマルシメ アヴィヤル トマトのパチャディ

ココナッツチャットニー と 杏のアチャール。
これらも全ておかわり可能で嬉しいですね。

モンマルシメ ココナッツチャットニー 杏のアチャール

マサラチャイ と コーヒー

マサラチャイ美味しいですね。
カルダモンがしっかり香り, コクがあり美味しいチャイです。
南インド料理屋のチャイは美味しいことが多いですね。 名古屋のあそこは薄い紅茶とミルクで甘いだけのほぼ砂糖水ですけど・・。

コーヒー は 森彦
マイルドブレンド と デカフェ から選べて2種類ありました。
飲んだのはマイルドブレンド。 中煎りって書いてありましたけど, 深め。 そこは森彦のコーヒーなので分かってましたけどね。
トロンとした舌触り。 苦いだけじゃなく, 厚みのある味わいで 自分の好みより深い煎りでしたが, 美味しく飲めました。 ネルで淹れてたりするのかな?
紅茶はダージリンだったので, どういうものを使っているか気になりますね。 次の機会があれば飲んでみようかな。 

モンマルシメ コーヒー マサラチャイ

来てよかった。 良いお店です。

モンマルシメ 店内2

細部まで意識が高いところも良かったです。
例えば, ドリンクまできちんと美味しいものでしたし, 材料も オーガニックのエキストラヴァージンココナッツオイル, 無漂白無添加のココナッツミルク や ココナッツロング ですし, もちろん ギー は 本物。
意外と ギー の偽物 (マーガリン的なギー) を使っているお店は多いですからね。
これで美味しくなかったら元も子もないですが, とても美味しかったです。

地域の方に合わせるために 塩はやや強め にしていると仰ってました。

遠いのでなかなか難しいですが, また行ってみたいお店です。
デザートもいくつかありましたが, このお店ならとりあえず材料は安心できそうですね。

長野方面へ行くのであれば行くべきお店だと思いますし, お気に入り度 ☆9 とします。

モン マルシメ (MON marushime)  ☆9
長野県上水内郡飯綱町豊野 1752   026-217-2009
営業時間 ランチ 11:30 ~ 14:00 (L.O. 13:30) カフェ 14:00 ~ 18:00 (L.O. 17:30) 12月~3月 16:00 閉店
定休日 不定休 ※ホームページ要確認
駐車場 有
ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です