第2回 洋菓子会 2018年4月

投稿者: | 2018年5月26日

2018年4月に開催した 洋菓子会 の記事を書きます。

第2回 洋菓子会

僕は フランス菓子 が好きで, 普段好んで食べているお菓子は フランス菓子的な香りも味わいも食感も豊かなもの ばかりです。 洋菓子はその反対にそれらが乏しく平坦なのです。
簡単に言えば, 美味しいお菓子しか食べたくないからなのですが, いわゆる名古屋の人気店や評判の良いお店, フランス菓子を謳っているお店などのお菓子の味はどうなのだろう? ということで, 実際に食べてみるというのがこの洋菓子会です。

まあ, 「どうなのだろう?」と言っても, ほとんどのお店のお菓子は食べたことがあるので 満足できないというのは分かっているのですが, たまにはこういうフランス菓子の次元にない平坦な洋菓子味のものを改めて食べてみるのも 勉強にはならないですが 経験にはなりますし, 可能性は低いですが もしかしたら美味しくなっているお店もあるかもしれないですしね。

何度も言っていることですが, 味で満足感を得られないお菓子は食べれば食べるほど お金も自分の身体にも負担がかかるだけでもったいないだけですからね。 美味しいお店が増えてくれたら嬉しいんですけどね。

今回は お店の候補を ブログの読者の方 にも募集をかけて決めました。
挙げてくれた皆様ありがとうございました!

洋菓子会 ラインナップ

 

コミナセマコ

オープン当初はデセールが1500円~だったけど, それでも高いと思ってしまって結局ここのデセールは食べてない。
今はものすごく高いらしいですし, まぁ 行くことはないでしょうね, フランスレベルのものが食べれるなら行くかもしれないですけど, ここの焼き菓子などを食べた感じでは期待できないですからね。

キャレ オ フリュイ 1620円 (税込)

もうね, びっくりです! この箱の小ささに (笑)
1620円もするんだから, さすがにもう少し大きいと思ってました。

洋菓子会 コミナセマコ キャレ オ フリュイ 箱

 

箱を開けたら もっとビックリなサイズでした! あのサイズの箱に 更に上げ底もしてありましたし。
4cm×4cm×2cmくらいかな。 これが2つ。
味はというと, 生地の焼きが強過ぎてスポイルしている。 また, 粉の味わいや食感の頼りなさが気になるし, 甘い。 焼き過ぎた美味しくない甘い粉という感じ。
フルーツも甘いが, それなりに良い味わいがあります。

サブレ以外の部分は悪くはないんですけど, 何故このサブレで許せるのか謎。 そして 高過ぎる。
箱がそれなりに高いんでしょうけど, 箱なしで考えたら 600円 が妥当じゃないかな。 だからといって, 僕はそれでも購入しませんけどね。
洋菓子会 コミナセマコ キャレ オ フリュイ

 

ノコス ア レタージュ

このお店は僕が一言で言うなら, 大人気の美味しくないお店

フレジエ 810円 (税込)

甘さは控えめだけど, 後味が重い。
イチゴが冷凍したみたいな グッチョリ感 なのは何故?
すごく平坦で味のない 洋菓子味 ですが, これは普通に食べれる味ではありました。

洋菓子会 ノコスアレタージュ フレジエ

 

タルト ショコラ シトロン 594円 (税込)

洋菓子会 ノコスアレタージュ タルト ショコラ シトロン

 

これはマッズい (笑)
タルト生地が大手菓子メーカーの駄菓子のココアクッキーみたいな味です。 しかも なんか臭い。
クリームもショコラの味がしない。 シトロンのクリームは淡すぎ。 なんだこれ・・。

今回食べたお菓子の中で ワースト タイ。

洋菓子会 ノコスアレタージュ タルト ショコラ シトロン 断面

 

ショコラトリー タカス

委託生産なのか知らないけど, 焼き菓子を見ると マーガリン 使いまくってます。 こんなの置いてるお店はダメですね。
冷蔵ショーケースは グラサージュ ショコラ 仕上げのものばかり。 僕は初訪問でした。

洋菓子会 ショコラトリー タカス ショーケース

 

クールブリゼ 594円 (税込)

洋菓子会 ショコラトリー タカス クールブリゼ

 

ペルー産カカオのショコラとのことですけど, 全然ペルー感がない。

甘ったるいし, キレが悪いですね。 もちろん, 美味しいショコラの香りや味わいもない。
そもそも, グラサージュが邪魔すぎて ショコラの味がよく分かんないというか, もはやただのグラサージュ味の品です。
中のオレンジ? 柑橘系の味が淡いですし, 後味が悪い。

洋菓子会 ショコラトリー タカス クールブリゼ 断面

 

ル ショコラ 540円 (税込)

洋菓子会 ショコラトリー タカス ル ショコラ

 

こちらはマダガスカル産カカオ。
同じく, グラサージュ味です。 これに支配されています。 ていうか, この仕上げのショコラも美味しければ良いんですけど, パティシエさんたちはテカテカな見た目のことだけしか考えてません。 そうとしか思えません。
全然美味しくありませんが, こちらの方がマシではありました。
ピスタチオは “きな粉” 味。

洋菓子会 ショコラトリー タカス ル ショコラ 断面

 

アンナマリア 97円 (税込)

若干焼き芋っぽい味。 美味しいショコラの味わいや香りはありません。

洋菓子会 ショコラトリー タカス アンナマリア

 

ピエール プレシュウズ

食べ歩きのきっかけになったお店。 その頃はとても好きでしたね。
今となっては結構残念に感じてしまって お店に行くことがなくなりました。

フレジエ ピスターシュ 518円 (税込)

アロマティック系な香りはします。 ただ, 香りの明るさに乏しく, やや重さを感じるもので セバロメ っぽくはないです。
生地が美味しくないです。 何か ガムシロップみたいな味がするし, 強い甘さを感じます。
アーモンドの歯ざわりがあるものの, アーモンドのポテンシャルの低さなのか, この生地にうたれたチープなシロップみたいな味が主張し, 味わいがなく美味しくない。
今回の洋菓子会の中では良い方ではありますが, 盛り上がってくる香りや明るさがないのがもったいない。

洋菓子会 ピエール プレシュウズ フレジエ ピスターシュ

 

サヴァラン 475円 (税込)

生地がスッカスカですね。 食べ歩き初期はここのサヴァランが好きだったけど, フランスのものを知ったら 全く満足できないし, 作り手もこれで良いと思ってしまうのは悲しいですね。

洋菓子会 ピエール プレシュウズ サヴァラン

 

プラス オ ソレイユ

フランスっぽいことをやろうとしてるんだけど, 今のところ的外れな感じで残念に思うお店。

洋菓子会 プラス オ ソレイユ ショーケース

 

フレジエ 594円 (税込)

ちょっと甘さが強いのが気になります。 ムースリーヌ はネットリとして練乳みたいな重い味と食感。
香りも弱いし重い。 上のムラングを焼いたところが やや魚臭い。
食感など シュークレール を思い出したので 近い部分があるかも。 ということは 完全に洋菓子ですね。

洋菓子会 プラス オ ソレイユ フレジエ

 

タルト フレーズ ピスターシュ 594円 (税込)

クリームはアロマティック, そして アマンド アメール (ビターアーモンド) がきいたもの。
肝心の土台のタルト部分が パン屋さん的 な香りと味で 甘さが強め。 何でこうなるのかなぁ。
あと, クレーム ダマンド ピスターシュ にも香りがあればなぁ。 今回の洋菓子会の中では良い方です。

洋菓子会 プラス オ ソレイユ タルト フレーズ ピスターシュ

 

イニミターブル

サダハル アオキ で修行された方らしいです。 初訪問。

洋菓子会 イニミターブル 店

 

フレゼット 680円 (税込)

洋菓子会 イニミターブル フレゼット

 

ジャイアントカプリコの味です。 子供の頃に食べましたがそういうのって結構覚えてますよね。
とにかく甘ったるい。 上の生クリームの味が美味しくないなぁ, 怪しい味だなぁ。
ピスターシュは “きな粉味”。 ローズマリーは乗ってるだけ? きいているように感じなかったですけど, ムースとかに使えば良いのになぁ。
ショコラブランベースのコーティングもあって とにかく甘ったるい品でした。

ジャイアントカプリコ味ってのが, サダハルアオキっぽくはありますね。 褒めてるわけではないですよ。

ワースト タイ のもう1つがこちらでした。 不味かったです。

洋菓子会 イニミターブル フレゼット 断面

 

タルト オレンジ サンギーヌ 626円 (税込)

洋菓子会 イニミターブル タルト オレンジ サンギーヌ

 

クリームは爽やかさも酸味も 味わいもなく, 重い。 ここがもっとしっかりしていれば だいぶ変わってくるでしょうに。

このお店は美味しくなくてすごく高いですね。 このクオリティでこの値段は悲しすぎます。

洋菓子会 イニミターブル タルト オレンジ サンギーヌ 断面

 

レクランド ユミコ

ここは以前食べてすごく不味かったのですが, イニミターブルから近いこともあって訪問。

以前の印象からタルトなど避けて, チョイスは置きにいった感があります。

洋菓子会 レクランド ユミコ ショーケース

 

ミルフィーユ ピスターシュ 580円 (税込)

ピスターシュはロースト系で “きな粉” 味。
盛り上がるものはなく甘めだけど 生地は悪い印象はなかったと思いますし, 洋菓子としてちゃんとできた普通に食べれる味でした。

洋菓子会 レクランド ユミコ ミルフィーユ ピスターシュ

 

リベルテ 600円 (税込)

ティラミスベースのものにフルーツ合わせるというのは 上手くやれば味的に悪くないと思いますけど, シナモンの香る クレームパティシエール っぽいものと 上のキャラメルクリームが重さを出してるんですよね。

フルーツの味わいや香りなどを押し上げたりしないと, どんよりとした平坦で重いだけのものになってしまう。

洋菓子会 レクランド ユミコ リベルテ

ということで, 満足できるものは1つもありませんでしたが, 第1回の洋菓子会 よりは食べることができました。
フィーカ とかのお菓子がなかったのが良かったかもしれませんね。 あと, 前回は惣菜系の味がするものが多かったですしね・・。

全体的にチープで甘ったるい印象でした。

いや~, この会は自分たちにとっては何も良いことがなくて 負担しかないのでやりたくはないんですけど, 少しでもこういう現状に気付くパティシエたちや消費者たちが増えてくれれば 少しは変わる可能性もあるのかな という思いもあります。
悪口じゃなくて, これだけ真剣に食べ歩いてきた経験がある僕の正直な感想がこれだと思って見て下さい。 嘘は書きたくないし, 不味かったら書かないというのも 公平じゃないと思うからです。 パティシエたちでも 僕以上に食べ歩いている人は ほぼいないでしょうし, 信念を持ってやっています。
悪口を書きたいなら 「不味い」 とか一言でいいわけで, 僕はどう不味いかをきちんと書いているわけなんですよね。

第3回を開催するか分かりませんが, 良い意味で驚きがあると良いですね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です