アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ 清里 ともにこの森

投稿者: | 2019年1月25日

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ (Pâtisserie un goûter à la campagne)の紹介です。

 ホテル軽井沢エレガンスの次は,蕎麦が食べたいという相方を「磊庵はぎわら(らいあん はぎわら)」という蕎麦屋へ連れて行き,食べ終えてから帰ることも考えましたが,清里へ寄ることになりました。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ

イルプルーシュルラセーヌ(Il pleut sur la Seine)」出身の牧野シェフのお店。イルプルの後,清里の「萌木の村」内にあった「ケープコッド」を経て,「ヨックモック本店」のシェフに就任。
2003年4月に清里「ともにこの森」内にお店をオープンしたそうです。

これで4回目の訪問になります。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ 店

到着が15:00過ぎていたこともあり,ほとんど残ってませんでした。
売り切れも想定していたので,少しでも残っていたのは良かったです。

税別表示ですが,税込みで540円~583円のお菓子が並びます。
ラインナップ的にはいつもほとんど変わらないですね。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ ショーケース

店内で頂きました。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ 店内

トリアノン 540円(税込)

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ トリアノン 540円 (税込)

少し落ち着いた印象があり,もう少し香りの力が欲しいとは思いましたが,ダックワーズの味わいが良く,美味しくまとまっています。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ トリアノン 断面

スリー 540円(税込)

少し明るさが足りなく,やや元気がない印象でしたが,こちらも底のダックワーズが美味しく味を支えますね。
横に伸びる香りはあるので,もう少し上に伸びる立体感があるとより良いかなと思いました。

アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ スリー540円 (税込)

コーヒー 432円(税込)

「珈琲焙煎工房2+1」というお店の豆をエスプレッソ抽出。
煎りが強い苦味が主張し,あまり味わいの厚みはありません。

アン・グーテ コーヒー 432円 (税込)

コンフィチュールを見ていると,試食ができるとのことだったので頂きました。

アン・グーテ コンフィチュール 試食

ルバーブとバニラとクローブのコンフィチュール

気に入ったこちらを購入。値段は忘れてしまいました。

バニラの鞘っぽいビターな部分とクローブが織り成す香りと味わいが絶妙に感じました。この組み合わせ良いですね。
ホワイトラムも効果的にきいています。
ただ酸っぱいだけで単調なルバーブのジャムではありません。

アン・グーテ ルバーブとバニラとクローブのコンフィチュール

少しフィルターがかかったような感じで物足りなさを感じたりはしますが,美味しいお菓子です。購入したコンフィチュールなどキラリと光る部分もありますね。

この時に食べたものとは関係ないですが,このお店で使っているショコラはカカオバリーのイメージがあったのですが,instagramを見ると最近ペックのショコラを載せてますね。 
チョコレートフェアという期間内だけなのか,以前から併用していたのか分かりませんが。

清里方面へ行かれるなら「アングーテアラカンパーニュ」おすすめです。
売り切れの心配もあるので,早めの時間が良いでしょう。

アン グーテ ア ラ カンパーニュ その1 記事はこちら
タルトカンパーニュ ブルーベリー編,ショコ マントゥ,フォレ・ノワール

アン グーテ ア ラ カンパーニュ その2 記事はこちら
ミルフィユ,エクレールカフェ,クミンのチュイル

アン グーテ ア ラ カンパーニュ その3 記事はこちら
エクレールカフェ,ミルフィユ,スリー,アカピュルコ,レモンのクラフティ,ラベンダーのリーフパイ,ガレットブルトンヌ,マドレモン,ジンジャークッキー

アン グーテ ア ラ カンパーニュ その4 記事はこちら
トリアノン,スリー,ルバーブとバニラとクローブのコンフィチュール

アン グーテ ア ラ カンパーニュ ☆8
山梨県北杜市高根町清里3545-265 ともにこの森  0551-48-5633
営業時間 11:00~18:00 月曜日 10:00~17:00
定休日 火曜日,水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 有
イートイン 有
ホームページ
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です