タツヤ・ササキ 八王子 タルト 焼き菓子

投稿者: | 2019年2月18日

タツヤ・ササキ (Tatsuya Sasaki) の紹介です。

レ ドゥー シャ (Les Deux Chats) の次は, 同じく八王子市にあるお店へ。

パティスリー タツヤ・ササキ

2011年9月にオープンしたお店で フランス菓子を謳い “より身近な本物” がコンセプト というお店です。
こだわりが強そうな印象を受けたので, どう仕上がっているか気になり 行ってみました。
お店にくっついているのは エッフェル塔 ですかね (笑)
駐車場があるのはありがたいです。

2017年4月25日には 2号店 である 阿佐ヶ谷店 を オープンしていますね。

タツヤ・ササキ 店

ほとんどがタルトで 税込みで 400円以下 のものが多かったです。
クレープもありましたが, ヌテラは萎えます。 しかも, 日本で売っているものはオーストラリア産の別物ですし。
ネットで調べると クロワッサン や ショーソン オ ポム が出てくるので お店で出しているときがあると思うんですけど, 僕にはよくあるフランス産の冷凍の半製品を焼いたものにしか見えないですね。 使うのは自由ですけど, 有名店 でも塗り卵して焼いてるだけで自家製と言っちゃうお店 (シェ シバタ など) があるのは問題ですね。
結構多くのお店が使ってますよね。

タツヤ・ササキ ショーケース

袋入りの焼き菓子も購入してみました。

タツヤ・ササキ 焼き菓子

バレンタイン時期だったからか, ショコラが豊富でしたけど スルーです。

タツヤ・ササキ ショコラ

ミルリトン ド ルーアン 240円 (税込)

タツヤ・ササキ ミルリトン ド ルーアン

アーモンドの存在感がなさすぎですね。 アーモンドの質もあると思いますが, パウダーが細かすぎることもあって歯ざわりもなく, 食感も味もアーモンドの存在感がないです。
ただ, オレンジフラワーの香りにより, かなりごまかしがきいて それなりに美味しく食べれます。

タツヤ・ササキ  ミルリトン ド ルーアン 断面

タルト ノルマンド 450円 (税込)

まず, タルトの生地が美味しくないですね。 何も良い味わいがないです。
アパレイユが団子みたいにゴテゴテですけど なんで?
“タルト 載る団子” ですかね。

タツヤ・ササキ タルト ノルマンド

ルバーブのタルト 380円 (税込)

ルバーブが超酸っぱいだけで 何の一体感もないです。
上で書いたようにアーモンドの味わいがないですし, 土台が美味しいとは言えないので, この酸味を受け止めることができない。
酸っぱいだけで, 香りの軸や重なりがないのです。

タツヤ・ササキ ルバーブのタルト

マドレーヌ 180円 (税込)

焼きが強いですね。 水分も抜けすぎて もさもさした感じ。
少しはフランスに近いものを感じられるだろうかと確認のために購入しましたが, 残念ながら日本での平均的な よくある 飲み物必須のマドレーヌでした。

タツヤ・ササキ マドレーヌ

マカロン ナチュール 100円 (税込)

アマンド アメール の香りはないもの。
普通に食べれますが, 味わいも香りも物足りないです。

タツヤ・ササキ マカロン ナチュール

サブレ 160円 (税込)

香りが大手の菓子みたいな嫌らしいバニラ臭。
食べても引っかかりのある嫌らしい味。 大手の量産菓子みたいで不味いですね。

タツヤ・ササキ サブレ

フランスのお菓子にこだわっているようですが, 僕には全く伝わってこなかったですね。
材料の質の高さなども感じられませんでしたし, 残念でした。 もう少し フランスに近いものが食べれるんじゃないかと思っていたんですけど, ダメでしたね。

八王子はなかなか行くことがない場所ですが, 色々確認できてよかったです。

タツヤ ササキ  ☆5
東京都八王子市散田町 3-6-3   042-665-8528
営業時間 11:00 ~ 19:00  11:00 ~ 18:00
定休日 月曜日
駐車場 有
テイクアウトのみ
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です