タストリーコーヒー 大垣 (Tastory Coffee and Roaster)

投稿者: | 2019年3月18日

タストリーコーヒー (Tastory Coffee and Roaster) の紹介です。

岐阜へ行った時に ついでに寄った コーヒー屋さん。

タストリーコーヒー

2015年3月9日 に 大垣市にオープンした 自家焙煎 の コーヒー屋さん。
訪問したのは 2017年7月と かなり前ですが, 載せておきます。

タストリーコーヒー 店

コーヒー豆の ラインナップ を見ると, 堀口珈琲 の LCF (Leading Coffee Family / リーディング コーヒー ファミリー) の メンバーのお店なのかな? と思います。
そして, 焙煎は深かったです。

タストリーコーヒーの店内1

喫茶スペースはこんな感じです。

タストリーコーヒーの店内2

メニュー

タストリーコーヒーのメニュー

エチオピア 500円 (税込) ルワンダ 500円 (税込)

エチオピア の ウォッシュト。 このお店で1番浅い煎りのものでしたが, 個人的には だいぶ深く感じました。 
エチオピアの豆 に 求める味ではありませんでしたが, ほんのり 生姜 っぽい ニュアンス がありました。
ルワンダもこのお店では浅い方でしたが, 苦味優先で ぺらぺら な印象でした。 煎りがそれなりに深くても 厚み (これをボディと表現して良いのか分からない) があればまだ良いんですけど, 苦いだけで ぺらぺら なものが多いですよね。
ところで, お店の人に好みを聞かれたときに, 「味わいの厚みがあるもの」 と答えたりすることがあるんですけど, 深煎りのコーヒーが好きだと思われることが多くて なかなか伝わらない。 そうじゃないんだよな。
個人的な感覚だと, ある一定の焙煎度を超えると 酸味や香りや味わい, 個性がなくなっていき, 苦いだけの炭味に近づいて “厚み” がなくなるように感じるんですけどね。

タストリーコーヒーのコーヒー

コーヒーに付いてきたお菓子ですけど, 香りだけで無理でした。
既製品だとは思いますけど。

タストリーコーヒーの添えられた菓子

浅煎りが好きな僕にはダメでしたが, 煎りが深いコーヒーが好きな人には良いのかもしれません。
僕も昔は 浅煎りのコーヒーが好きじゃなかったんですけど, 色々飲んでいるうちに 深煎りのコーヒーが美味しく飲めなくなってしまいました。
浅煎りのコーヒーを何度か飲むうちに, 「コーヒーにはそれぞれ “香り” や “味わい” や “個性” がこんなにもあるんだ」と気付いたからだと思います。

Tastory Coffee and Roaster  ☆5
岐阜県大垣市鶴見町 288   0584-47-8336
営業時間 11:00 ~ 18:30 (喫茶 17:00 まで)
定休日 月曜日, その他 不定休
駐車場 有
イートイン 有
自家焙煎コーヒー
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です