ラ・ペッシュ (La Peche) 奈良 吉野/洋菓子 その3

投稿者: | 2017年12月18日

久しぶりに 奈良県吉野郡にある ラ・ペッシュ (La Peche) へ。

ラ・ペッシュ

谷瀬の吊り橋 から 一般道で帰る途中, 「この道は通ったことあるなぁ, ラ ペッシュの近くじゃないかな?」 と思ってたら, ほんと たまたま お店の目の前を通ったので 寄ってみることに。 3度目 の 訪問になります。

こちらのシェフは 八王子にあった ア ポワン (À point) で 修行された方。
ちなみに ア ポワン の 岡田シェフ は イル プルー シュル ラ セーヌ の 弓田亨氏 に影響を受けた方で, ドゥニ リュッフェル氏 の ジャン ミエ (Jean Millet) でも修行されています。
その ア ポワン は僕も行ったことがありますが, 冷蔵庫臭 が強くて残念だったんですよね。

さて, 店内に入ると, ショーケースには ショートケーキ と モンブラン しか残っていませんでした。 時間も 17:30 頃でしたしね。
この場所で こんなに売れてるのはすごいですね。

というわけで, 購入したのは モンブラン 2つ と 焼き菓子。

ラ・ペッシュ 店

モンブラン 500円 (税込)

購入して 30分 以内に 1つ, 自宅で 1つ 食べました。

“栗きんとん(栗金飩)” という感じの マロンペースト たっぷりで, この値段なら悪くないなと思いました。

ラ・ペッシュ モンブラン

まあ, 栗の味わいは淡いですし 満足できるほどの味わいではないですが, 洋菓子としては良いと思います。

マロンペースト自体は よくある感じの ペースト かな。 “栗きんとん” より淡い味わいです。
驚きとか何もなく見たままですが, 美味しい “洋菓子” です。

ラ・ペッシュ モンブラン 断面

フィナンシェ 140円 (税込)

アーモンドの 味わい や 歯ざわり は ないですが, べっちょりしてないし, 不快な香りや味はないし, 洋菓子 としてみれば ちゃんと美味しくできてるとは思う。 個人的に満足できるものではありませんが。

ラ・ペッシュ フィナンシェ

マドレーヌ 130円 (税込)

やや じっとりし過ぎだと思うけど, スカスカ ではなく 味わいも 日本の菓子屋 としては良い方かなと思う。

ラ・ペッシュ マドレーヌ

ケーク オランジュ 160円 (税込)

オレンジピールの 味のなさ が気になります。 当然 香りも弱い。
まあ, これも 日本の洋菓子の次元 で見れば ちゃんと美味しくはあるのだろう。

ラペッシュ ケークオランジュ

ノワゼット 160円 (税込)

やや 香りが悪く感じるし, 生き生きとした感じがなくて, なんか 小豆 みたいに感じてくる ノワゼット。
ノワゼット の味わいや香りのふくらみが欲しいな。 以前は美味しく食べてたんだけど, フランスの味を知っちゃうとね。

ラペッシュ ノワゼット

この モンブランが 税込み 500円 なら コーヒーと一緒に何か食べたいな と 思ったときなどに良いかなと思いましたね。 僕は遠くて買いに行けないし, 身近にあればという意味で。

焼き菓子も 香り や 味わい や 食感など 色々物足りないですけど, 不快さのある味 や 香り は なかったですし, 真面目に作られた 洋菓子 という印象で, 豊かなフランスの味わいを知らないか,  求めてない 一般的な層にはおすすめできるお店かなと思います。

ラ ペッシュ その1 記事はこちら
フォレ ノワール, 赤い果実とクリームチーズのタルト, フィナンシェ, ノアゼット, ケーク オランジュ

ラ ペッシュ その2 記事はこちら
マスカルポーネ, プラリネ シトロン, さくらんぼのクラフティー, ケーク ショコラ

ラ ペッシュ その3 記事はこちら
モンブラン, フィナンシェ, マドレーヌ, ケーク オランジュ, ノワゼット

ラ ペッシュ   ☆6
奈良県吉野郡大淀町新野 190-1   0746-32-2484
営業時間 9:30 ~ 18:30
定休日 月曜日, 火曜日
駐車場 有
テイクアウトのみ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です