食堂ことぶき 和歌山 素材にこだわっている風なカフェ

投稿者: | 2020年5月30日

食堂ことぶき の紹介です。

パティスリークマ(Pâtisserie Kuma)の次は,和歌山市にあるお店でランチ。

【目次】

  1. 食堂ことぶき

食堂ことぶき

和歌山市にあるお店で,食事は和食が出てきますが,和食屋というよりカフェですね。洋菓子のショーケースもありました。

ホームページなどを見て,材料などちゃんとしてそうな雰囲気を出していたので行ってみましたが・・。

食堂ことぶき 店

一汁三菜 1350円(税込)

大根ステーキのチーズ田楽,牛肉のコロッケ,ゆばと豆腐のとりそぼろあんかけ,味噌汁,香の物,釜焚き白米or発酵玄米。

食堂ことぶき 一汁三菜

和食って大概甘かったりケミカルだったりで,普通に美味しく食べれることすらできないことばかりですが,ここも例に漏れずという印象でした。

「牛肉のコロッケ」は甘くて強い味,漬物やしらすの佃煮?みたいなものなども食べれない。
「ゆばと豆腐のとりそぼろあんかけ」だけは良かったかな。

食堂ことぶき 一汁三菜 拡大

ことぶき旬菜 1728円(税込)

本日のお椀物,とろカツオとホタテのカルパッチョ,鴨肉のロースト焼き野菜ぞえ,エビ揚げ団子,味噌汁,香の物,釜焚き白米or発酵玄米,お菓子。

「本日のお椀物」に入っている団子みたいなものの中身がとても不味いです。蟹味噌みたいな味に感じましたが,口がひん曲がりそうな味の強さと不味さ。「エビ揚げ団子」も既製品を揚げたようにしか思えない味。

食堂ことぶきの「ことぶき旬菜」

食材への意識がそれなりに高そうな雰囲気を出していましたが,僕が食べた感じでは全然ダメでした。とにかく,僕が思っている和食の悪いイメージそのままで,食べ疲れる強い味ですし,美味しくないのはもちろん,食べたくない味です。

すごく人気でしたけど,店側が発信するイメージを真に受けて,みんな良いもの食べている気になっているんだろうなぁという感じの「素材にこだわっている風なカフェ」でした。

真っ当な和食は好きですし,食べたいんですけどね。

ことぶき ☆1
和歌山県和歌山市畑屋敷葛屋町22  073-422-0559
営業時間 11:00~17:30 (L.O.16:30) 土日祝11:00~20:00 (L.O.19:00)
定休日 金曜日
駐車場 有
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です