【パティスリークリスチャン】ストラスブールで行くべきお店の1つ

投稿者: | 2020年12月6日

パティスリークリスチャン(Christian)のプチガトーなどを紹介します。

2019年6月のマルタ&ルクセンブルク&フランス旅行」6日目。この日はマルタへ戻る日。

昼過ぎにストラスブールからTGVに乗ってルクセンブルクへ行かなければならなかった中,最後に「クリスチャン」でプチガトーとソルベ,お土産にパンドジェーヌを購入しました。

【記事】クリスチャン 大聖堂前パティスリーの絶品ソルベ

ちなみに,「ネゲル(Pâtisserie Naegel)」は定休日だったので行けませんでした。

【記事】ネゲル ストラスブールの有名パティスリーのお菓子「ボベス」

【目次】

  1. Pâtisserie Christian

パティスリークリスチャン

前日にソルベを食べて想像以上に美味しかった大聖堂の前にある「クリスチャン」。

リュックに入るだけ焼き菓子を買おうと思ってましたが,本店(Rue de l’Outre)の方が休業してたのが関係してるのか,あまり置いてなかったです。2015年に食べて美味しかったパンデピスも買いたかったですが,これは時期的に無かったのかもしれません。

【記事】クリスチャンのパンデピスなど(フランス旅行2015年10月)

写真はクリスチャンの外にある席。フランスの犬はしっかりしつけられているので,すごく行儀よく大人しい。

パティスリークリスチャン 外の席

店内

結構ショコラに力を入れているように思います。

タブレットに関して翻訳すると「世界中の小規模生産者と直接のパートナーシップにより」など書かれているのでメーカーの製菓用ショコラは使ってないということなのかな?全てのショコラについてなのか分かりませんし,例えばお店で焙煎からやっているのか,どの段階から作っているのか分かりませんが。

タブレットが色々あったので試してみたかったですが,めちゃくちゃ暑い時期でしたし,ここからマルタに戻って日本へ持ち帰るのは無理だと判断しました。

パティスリークリスチャンの店内

ショーケース

どれも3.8€だったと思います。サロンドテ利用だと4.8€。

パティスリークリスチャン プチガトーのショーケース

上の段にあるお菓子は持って帰れたなぁ,しまったな~。

ほんとはクグロフの大きいのもいきたかった。何しろ,今回はマルタからリュック1つで来てしまったのでね。

パティスリークリスチャン パンなどのショーケース

Puits d’Amour 3.8€

ペルー産のムースショコラとフランボワーズのコンポート,アーモンドのビスキュイ。

めずらしくショコラ系を避けずに食べてみました。

パティスリークリスチャン Puits d’amour

ショコラは特別美味しいとは思いませんが,嫌らしい香りや重さがないのが良いですね。カカオの香ばしさも感じます。

それよりもフランボワーズがすごく美味しい。こういう状態でこれだけ香りと味わいがあるのがすごいです。これは日本では無理だと思います。

クリスチャン Puits d’amour 断面

Forêt Noire 3.8€

ムースオキルシュ,ビスキュイショコラ,ムースオショコラにキルシュ漬けのスリーズ。ウォータージェットでカットした感じですね。

サクランボは酒辛いものではなく穏やか。キルシュの香るムースに,こちらもショコラの重さを感じることなく甘ったるさもありませんでした。

感動するようなものはありませんでしたが,ちゃんと美味しいですね。

パティスリークリスチャン Forêt noire

Macaron 3.8€

アブリコとピスターシュのマカロン。大きいサイズ。

パティスリークリスチャン Macaron abricot et pistache

マカロンの色は強いですが,やはりフランスのマカロンはアーモンドの質がよくとても美味しいです。そして,このくらいの大きさがあった方が美味しいですね。

日本のほとんどの店は低質なアメリカ産アーモンドで作られており不味いので,そんなマカロンが大きくても困りますけどね(笑)

マカロンは嫌いなお菓子で上位に挙げられますが,本当はとても美味しいお菓子です。そうやって日本で低質に作られ不味いと勘違いされているフランスのお菓子がたくさんあり残念です。

そして,中はアブリコとピスターシュなのですが,このアブリコがめちゃくちゃ旨い。前日食べたソルベにあった濃縮されたような深い香りと味わい。そこにヨーロッパ産のシトロンを足したような突き抜ける明るさ。ピスターシュのクリーム自体はアロマティックなものではありませんが,アブリコの香りと合わさってとても美味しいです。この中身がすごく美味しいのですが,これも美味しいマカロン生地があるから生きてくるのです。

クリスチャン Macaron 断面

Sorbet(Abricot,Pêche) 4€

プチガトーを食べてから,最後にもう一度ソルベを食べておきたくなってお店へ。

「ペーシュ(桃)」は皮の味わいを生かしたようなしっかりとした香りと,桃の味わいの濃さがありとても美味しい。

「アブリコ」もやっぱりすごく美味しい。これまた食べに行きたいなぁ。

パティスリークリスチャン ソルベ Sorbet

Pain de Gênes 5.5€

以前訪れた時はたくさん置いてあったのですが,この時は2つしかなかったです。もちろん2つ購入。

パティスリークリスチャン Pain de Gênes

今回はちょっと焼きが浅すぎかな。中心にやや焼きが足りない感じの部分がありました。

それでもやはり味が良い。アーモンドの質の良い味わい,ミルキーな余韻がある美味しいパンドジェーヌ。

クリスチャン Pain de Gênes 断面

見た目は派手ではなく,どちらかというと地味なお菓子が多いですが,すごく味に真面目なお店という印象です。特にソルベもそうですが,フルーツを使ったものがとても美味しいと感じます。

ショコラは重く残るようなものを想像してましたが,食べたものについてはそういう印象はなかったですね。次回もここではショコラ系を避けずに食べてみようかなと思います。

Pâtisserie Christian ☆9
10 Rue Mercière, 67000 Strasbourg, France  +33 3 88 22 12 70
営業時間 8:30~18:30 金8:00~18:30 土8:00~15:00
定休日 日曜日,月曜日
イートイン 有
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です