コバコ 安城の田園地帯にある自家焙煎珈琲店

投稿者: | 2020年4月5日

コバコ (Cobaco ne cobaco)の紹介です。

ジェラート・フレスカ」でジェラートを食べてから,安城市にある自家焙煎珈琲のお店へ行きました。

【目次】

  1. Cobaco ne cobaco

コバコ 自家焙煎珈琲とノンオイルシフォンケーキのお店

安城市の田んぼが広がる場所にある自家焙煎珈琲店。
お店のinstagramなどを見ると「自家焙煎珈琲とノンオイルシフォンケーキのお店」とあるので,シフォンケーキも売りなんでしょうね。食べてませんが。

コバコ 店

店内

店内に小型の焙煎機,冷蔵ショーケースも置いてあり生菓子がありました。
この時はモンブランなどがありましたが,食べてません。

コバコ 店内
cobaco 店内2

窓から見える風景

窓側のカウンター席へ。
目の前は田んぼが広がる。

コバコからの風景

こちらはシングルオリジンのメニュー。

  • エチオピア イルガチェフェ G-2 540円+税
  • タンザニア 520円+税
  • インドネシア マンデリン 560円+税
  • グァテマラ 570円+税
cobacoメニュー シングルオリジン

こちらはカフェオレやラテなどミルク入りのメニュー。

  • カフェオレ 500円+税
  • カフェラテ 520円+税
  • カプチーノ 520円+税
  • ヘーゼルナッツラテ 580円+税
  • 和三蜜ラテ 580円+税
cobacoメニュー ミルク入り

エチオピア イルガチェフェ G-2 583円(税込)

中煎りとのことですが,煎りが深すぎるし,全くエチオピアの豆と分からないです。問題は煎りの深さだけじゃない気がしますが。
「煎りが深くて苦いだけのペラペラな味のコーヒー」の分かりやすい例みたいなものでしたね。
もしかして豆を間違えてない?エチオピアの豆でこのペラさはある意味驚きます。まあ,どちらにしても美味しくないのですが。

コバコ エチオピア コーヒー

カフェラテ 561円(税込)

こちらは相方が注文。

コバコ カフェラテ

雰囲気は悪くはないのですが。

cobaco コーヒーと田園風景

苦いだけのぺらぺらな味のコーヒー。
本当にあれがエチオピアの豆だとしたら,豆のポテンシャルが低すぎる気がしますね。煎りが深いとはいっても,エチオピアの豆でこの香りのなさとペラさですから。

ここのお菓子にも興味がないですし,コーヒーもこれだと再訪はないでしょうね。

Cobaco ne cobaco ☆3
愛知県安城市二本木町西切替111-3  0566-74-2775
営業時間 水木金10:00~18:00 土日8:00~18:00 ※金土22:00まで(L.O.21:00)
定休日 月曜日,火曜日
駐車場 有
イートイン 有
自家焙煎コーヒー 有
facebook
twitter
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です