ベルナション (Bernachon) Chocolaterie リヨン

投稿者: | 2019年1月4日

ベルナション (Bernachon)の紹介です。

テールアデリス(Glacier Terre Adélice)」のアイスクリームを食べてから「トゥルティエ(Tourtiller)」へ再訪し,お土産を購入してから有名な「ベルナション」へ。

ベルナション

「トゥルティエ」と同じフランクラン・ルーズヴェルト大通り(Cours Franklin Roosevelt)にある有名ショコラトリー。
カカオ豆の選定から焙煎,そしてショコラへと仕上げているお店です。
Bean to Bar」といわれてますが,クオリティはさて置き日本でも流行ってきましたね。

ベルナション 店

閉店時間ギリギリだったのもあり,売り切れが多かったです。
まあしょうがないです。それについては後悔してません。

プチガトーが3.5€前後で安いですね。

ベルナション ショーケース

こちらはショコラのショーケースです。
何度かベルナションのショコラは食べたことがありますが,今までショコラ自体の味が良いと思ったことはありません。なので,産地別などのタブレットは興味がないというか,期待できなくて買ってませんし,この写真のようなボンボンショコラも購入するのをやめました。 

ベルナション ショコラ ショーケース

Président 3.6€

ベルナション Président individuel

スペシャリテの「プレジダン」。
アンディヴィデュエル(individuel/プチガトー)だとタルトになってますね。アントルメの方はたぶん違うと思いますが。
さすがにショコラの重さや不味さは感じないですけど,やはり皆が言うほど美味しいとは思えないですね。というか,カカオの芳醇な香りや味わい,鮮烈さなどがありません。
しかし,いやらしい香りや重さがないので,そこは大きいポイントではあります。シンプルなタブレットは僕が求めるレベルにはないことが分かるので食べたくはならないですけど,安心してショコラを使ったお菓子を食べることができるかなとは思います。
中はチェリーか何か入っていましたが,あまり存在感がありませんでした。
タルトは焼きが浅めで味わいがありますし,ショコラを邪魔せず一体感があります。「焼きが浅いのはインスタ映え」なんて言ってしまう進歩のないパティシエも日本にはいるようですが・・。

ベルナション Président individuel 断面

Tarte à la praline 3.1€

グッと噛み締めて美味しい小麦の味わいがあるタルト。
プラリーヌのクリームは「トゥルティエ」の香りが絶妙でしたが,アーモンドの味わい良く,これもすごく美味しかったです。二番目に美味しかった「タルトプラリーヌ」ですね。

ベルナション Tarte à la praline

Cake aux oranges confites 12.15€

ベルナション Cake aux oranges confites

柔らかなオレンジのコンフィで一体感のあるケーク。
味わい深い生地と香りの良いオレンジが相まってとても美味しい。
サイズ(重量かな?)によって値段が設定されています。

Bernachon Cake aux oranges confites 断面

Cake au citron 14.8€

ベルナション Cake  au citron

こちらも柔らかなシトロンのコンフィ。
力強く,そして温かみのある食感。ゼストも入って香りがとても良い。
日本で売ってる国産やアメリカなどのレモンではこの香りは出ません。

Bernachon Cake  au citron 断面

Pâte d’Amande Pistache 150g 6.5€

ベルナション Pâte d'Amande Pistache

ほんのりアロマティックでキルシュのアルコール感のあるパートダマンドピスターシュ。想像していたより緩く,アーモンドやピスターシュの歯ざわりをあまり感じないですが,なかなか美味しいですね。こういうの良い。甘ったるくないですしね。
もう少し歯触りがあって,アーモンドやピスターシュの味わいを感じれる方が良いかなとは思いますけどね。
上の方で書いたように,ショコラ自体の美味しさは特に感じないですが,重さがなくキレの良い味わいではあります。

Bernachon Pâte d'Amande Pistache 断面

Pâte d’Amande Orange 150g 6.5€

ベルナション Pâte d'Amande Orange

こちらもやはりもっとアーモンドの歯ざわりや主張があった方が良いなと思いましたが,香りよく美味しいです。
お酒(グランマルニエ)も割ときいており,香りの膨らみとキレがあります。結構酔っ払うくらいお酒がきいていました。
あと,やっぱりショコラとオランジュの相性はとても良いですね。
また,ボンボンショコラを買うより安くて良いと思いました。
ショコラ自体の味はあきらめて,パートダマンド系を購入したのは正解でしたね。

Bernachon Pâte d'Amande Orange 断面

リヨン駅前(Gare de Lyon Part-Dieu)まで戻ってきました。
TGVが遅れましたが,無事パリへ戻れました。

リヨン駅前

ベルナションはショコラの味は知っていたので,ショコラに関しては思っていた通りでしたが,パートダマンド入りのタブレットは値段も安いし,味も悪くないと思いました。
タルトプラリーヌはとても美味しかったですし,お土産に買ったケークもとても美味しかったです。

有名店なのでリヨンに行くことになれば訪問するお店でしょうが,パートダマンド入りのタブレット,タルトプラリーヌ,ケーク類が美味しかったのでこの辺りを押さえておくと良いかもしれません。

今回の旅行はパリを拠点としてリヨンへ日帰りで行きましたが,それでもすごく楽しかったです。もちろん,日帰りで行くよりもできれば1泊はしたいとは思いますけどね。日帰りだとディナーも食べれませんし,色々ゆっくり見てまわる余裕もあまりないですからね。

気になるお店などまだまだたくさんありますし,またリヨンは行ってみたいですね。

Bernachon (ベルナション) ☆8
42 Cours Franklin Roosevelt, 69006 Lyon, France  +33 4 78 24 37 98
営業時間 8:30~13:00 14:00~19:00 日曜 8:30~17:00
定休日 月曜日
イートイン 有
ホームページ
facebook
instagram
twitter



ベルナション (Bernachon) Chocolaterie リヨン」への2件のフィードバック

  1. アバター通りすがり

    一連のフランス記事、楽しく読ませていただきました。
    茂右衛門やbebeで満足している私ですが、
    いつかフランスへ訪れてみたいと感じさせて頂けるくらい魅力的な内容でした

    返信
    1. コジータコジータ 投稿作成者

      通りすがりさんへ

      ありがとうございます。
      そう言っていただけて嬉しいです。
      本物を知ると日本でなかなか満足できなくなると思いますが, いつか是非フランスへ行ってみてください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です