アズーロ 彦根 銀座商店街のジェラート店

投稿者: | 2020年3月30日

アズーロ (Gelateria Azzurro) の紹介です。

桐林館阿下喜美術室(喫茶室) から滋賀県彦根市へ向かい, ジェラートを食べました。

目次
Gelateria Azzurro
 ショーケース
 パイン・セロリ・リンゴのソルベ, レモンクリームバニラ
 グランピスタチオ, ダークチョコ
 桃, いちご
 店舗情報

ジェラテリア アズーロ

ジェラテリア・アズーロ (Gelateria Azzurro) に再訪。 2018年10月。
滋賀県彦根市の銀座商店街にあるジェラテリアで, マルガージェラートの柴野大造氏が監修。 柴野氏のもとで修行された方が製造しているようです。

ショーケース

コンテスト入賞作品など一部の品は+100円ですが, こういうのを食べるときってシングルで食べたほうが良いような気がしますね。 特にトリプルだと1種あたりの量が少なくなると思いますし。
とは言っても, 気にせず選んじゃうんですけどね。

アズーロ ショーケース

Double 500円 税込 (パイン・セロリ・リンゴのソルベ +100円, レモンクリームバニラ)

「パイン・セロリ・リンゴのソルベ」は僕もおすすめしたいものなんですが, 毎回ちょっとずつバランスが違って感じられますね。 この時はリンゴの味が前に出て, 複雑さなどあまり感じられず全体の香りが弱く感じました。
「レモンクリームバニラ」は全く期待するような香りや味わいがなく, 甘ったるかったです。

アズーロ ジェラート1

Double 500円 税込 (グランピスタチオ +100円, ダークチョコ)

「グランピスタチオ」はピスタチオの食感も感じられ, それほどロースト感も強くなく重くなくちゃんと美味しい。 この半年後に食べた時は「きな粉」の印象でしたけどね。
「ダークチョコ」はこの時はなんとドモーリ(DOMORI)。 追加料金もなし。
ドモーリらしい味わいで美味しかったのですが, 半年後に訪問した時はドモーリじゃなくて残念。 それとも, ダークチョコというジェラート以外は違うものを使っているのかも。

Gelateria Azzurro ジェラート2

Double 500円 税込 (桃, いちご)

「いちご」は滋賀産のものでしたが, 思ったより美味しかったです。 色々味の補整をしているかもしれませんが, 味わいの明るさや, ほんのりフレーズデボワっぽさも感じました。
「桃」は桃らしい味わいはあまり感じられなかったですが, レモンなどで補整したような味で悪くない味でした。 桃の味には感じないのですけどね。

アズーロ ジェラート3

「パイン・セロリ・リンゴのソルベ」はブレがありますけどおすすめです。 同じレシピと分量でも, その時の素材の状態や味で変わってきますから, そのあたりの調整をしているのかしていないのか分かりませんが, バランスがきまっているときはとても美味しいです。

チョコレートはドモーリを使ってたり, 使わない時期もあったりという感じなんですかね? それともこの時だけだったのか, 「ダークチョコ」だけなのか。

全体的に味のブレがある気がしてますし, 美味しくないのもありますが, 美味しいものがあるのでまた行くでしょうね。

Gelateria Azzurro ☆6
滋賀県彦根市銀座町4-27  0749-23-7665
営業時間 11:00~19:00
定休日 11月~2月の水曜日
駐車場 有
イートイン 有 (Cafeteria Azzurroにも持ち込み可能)
ホームページ
facebook
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です