アテスウェイ 吉祥寺 ケーキ 東京の超人気店

投稿者: | 2019年2月20日

アテスウェイ (à tes souhaits) の紹介です。

 洋菓子舗 茂右衛門 の次は 更に東へ移動して 吉祥寺にある大人気のケーキ屋さん ア テス ウェイ へ。

アテスウェイ

2015年に ルレ デセール (Relais Desserts) のメンバーとなった 川村英樹 シェフのお店。
とは言っても, 僕がこれまで食べた印象は フランスの味わいを感じることはできないですし, “洋菓子屋さん” という感じですけどね。

本当はこの隣りに出来た ア テス ウェイ グラス エ ショコラ (à tes souhaits! Glace et chocolat) で アイスクリーム を 食べてみようと思っていましたが, バレンタイン時期ということで ショコラの販売しかやってなかったので 食べれませんでした。

ということで, プチガトーを購入することにしたのですが, 惹かれるものがなくて困りました。

アテスウェイ ロゴ

コンポテ フレーズ エ フィグ 530円 (税込)

アテスウェイ コンポテ フレーズ エ フィグ 530

ネッチャリしたこれは クレーム ダマンド? 味も良くないですけど, この食感嫌だなぁ。
イチゴとイチジクのコンポート は 盛り上がるような香りや味わいが欲しいですね。 この部分を食べただけでも「洋菓子味のお店だな」と分かります。 ここで「おっ」となるお店は やはり味わいの構築が上手いです。

アテスウェイ アテスウェイ コンポテ フレーズ エ フィグ 断面

パリブレスト オ シトロン 550円 (税込)

プラリネのクリーム は 芯のない味ですね。
シュー生地の中には レモン味のクリーム が 入っているのですが, キレがなく 妙に合わない だらしない感じの酸味が主張し, 全く美味しくないです。
本来, 合わない組み合わせじゃないんですけどね。 香りや味わいの質 と バランスが悪いです。
「プラリネのクリームとレモンのクリームをシュー生地に絞りました」というだけの印象で, 何も考えがないようなお菓子でした。
芯のない弱いもの同士が合さって, 何がしたいのか分からないような印象です。 とても洋菓子的。

アテスウェイ パリブレスト オ シトロン 550円

やはり, 僕には美味しいとは感じられませんでしたが, 不味くて食べられないとか臭みなど不快な味はなかったですし, 普通に食べれるレベルにはあるかなとは思いました。

東京の超人気店ということで たまに確認のために行っている感じなので, 逆に名古屋にお店があったら行かないのかもしれないですね。

味を追求しない人にとっては “丁度良い価格と味” なのでしょうね。
個人的には 美味しいと思わないですし, 材料の質の高さも感じないので コスパは悪く感じますけど。

ルレ デセール とは何なのでしょうね。 ただのビジネス?
こういう味の洋菓子屋さんがあることは良いですけど, この協会のシェフたちが率先して “フランス菓子” を作って伝えていくべきでは?

ア テス ウェイ 記事一覧はこちら

ア テス ウェイ  ☆6
東京都武蔵野市吉祥寺東町 3-8-8 カサ吉祥寺 2   0422-29-0888
営業時間 11:00 ~ 19:00
定休日 月曜日 (祝日の場合は 火曜日 休み)
駐車場 無
テイクアウトのみ
ホームページ
blog



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です