パティスリーアン 稲沢 サントノレとエクレール

投稿者: | 2019年12月22日

パティスリーアン (Pâtisserie an Du temps pour la maison)の紹介です。

2018年7月に訪問した時の内容になります。
たまに行ってますが,この時はかなり久しぶりの訪問だったっかな?

目次
Pâtisserie an Du temps pour la maison
 サントノレ
 タルト・ノワゼット・オランジュ?
 コーヒー
 エクレール・キャラメル・パッション

Pâtisserie an Du temps pour la maison (パティスリーアン)

稲沢駅の近くにあるお店で, 「ル・タン・プール・メゾン・アン」として営業してましたが,2014年7月6日に「パティスリー・アン・デュ・トン・プール・ラ・メゾン」としてリニューアルオープン。
ほぼ情報がない時から3年以上,店名シークレットで記事を公開してましたが,知れ渡ったのとリニューアルオープンを機に公開しました。

シェフは名古屋マリオットアソシアホテルで松島義典シェフに師事。クープ・デュ・モンド2005年に出場し,部門賞を獲得しています。
リニューアルオープンするまではマリオットに勤めながらという感じでしたかね。

パティスリーアン コーヒーと菓子

サントノレ 550円 (税込)

カシスのコンフィチュール入りのサントノーレ。
この時のシュー生地の外側と中との食感の対比と味わいが絶妙でした。生クリームはマスカルポーネ入りだったかな?
本当はクレームシブーストのものを食べてみたいんですけど,フランスでもなかなか見ないですね。
焼き菓子は以前はとても好きだったんですが,フランスのお菓子を知ってから,まず食感が頼りなく気になってしまいます。

パティスリーアン サントノレ

タルト・ノワゼット・オランジュ? ???円

忘れちゃって,見た目だけで商品名書きました。
細かいことは忘れましたが,なんとなくこういうタルトや焼き菓子など「ル・タン・プール・メゾン・アン」時代の方が美味しかったような気もします。
単に,フランスを知り自分が求めるレベルが上がってしまっただけなのかもしれませんが。

パティスリーanのタルト

コーヒー 540円~ (税込)

コーヒーはシェルパコーヒーの豆を使用。
シェルパコーヒーも当時はすごく好きだったのですが,自分が完全に浅煎り派になってしまったので,結構煎りが深く感じます。

anのコーヒー シェルパ

エクレール・キャラメル・パッション 583円 (税込)

サントノレのシュー生地がとても良かったので,こちらのエクレールを追加。
しかし,中まで一定のガリっとした食感で求めていたものと違いました。
キャラメルと南国の香り。

エクレール・キャラメル・パッション

ここのお菓子は生クリームの使用量が多いからなのか,食後にちょっと重く感じますね。

フランスへ行く前はとても美味しいと思っていたお店ですが,フランスで色々お菓子を食べて衝撃を受けてから物足りなくなってきちゃいました。
個人的にはフランスのお菓子が好きになってしまったので,フランスのお菓子らしい香りや食感や味わいなど求めてしまうのですが,ここのお菓子はそれとは違って洋菓子的に感じてしまいます。 ただ,その中でとても上質な印象ですけどね。
その辺りの話はフランスで色んなものを感じ取ろうと真剣に食べ歩いた人には理解してもらえるかなと思います。求める方向性とは違ってきちゃいましたが,良いお店だと思いますし,イートインで利用したいですね。

そういえば,リニューアルしてからなのか10歳未満は利用不可になりましたが,これはもうしょうがないですね。
膝の上に乗せてる子供がおもちゃでガンガンとテーブルを叩きまくっていたりしても親は放置だし,本なども床に散らかしたままで帰ったりなど,僕もここで何度か見ましたからね。ほんと親が最悪です。

パティスリー・アン&ル・タン・プール・メゾン・アン 記事一覧はこちら

Pâtisserie an ☆7
愛知県稲沢市駅前1-12-11  0587-24-8608
営業時間 10:00~17:00 イートイン12:00~16:00(L.O.15:00) ※平日のみ(利用不可の日あり)
定休日 日曜日,その他 ※要確認
駐車場 有
イートイン 有
ホームページ
instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です