茂右衛門 (もえもん) 国分寺 フランス菓子 その8

投稿者: | 2019年1月10日

茂右衛門 (もえもん) の紹介です。

やっと 2017年5月のフランス旅行記事 が終わりましたが, 書こうと思っている記事がたまりまくって追いつきません・・。

2017年6月に 日帰りで行った東京の記事を書いていきます。

茂右衛門

まずは, 東京都国分寺市にある茂右衛門へ。
こちらの コジータism では初めて記事にするので書いておきますが, 平成正義の会のメンバーの 長屋シェフ のお店で, 以前は 千葉県 で シェーネ というお店をやっていました。

平成正義の会とは, 1993年設立で 発起人: 弓田亨 (イル プルー シュル ラ セーヌ), 初代会長: 安達勝信 (プレリュード) で  「 香り, 味, 食感が しっかりと美味しく感じられるお菓子を作ることを目指し, 日々考え, 偽りなく正直に まじめに取り組んでいるお菓子屋の集まりです。」

弓田氏 と 安達氏 と 長屋氏 は 特に親しい関係にあると思います。

茂右衛門 店

下段の生菓子は 630円 ~ 650円。
上のタルトなどは 500円 前後のものが多いかな。
余計な飾りなどはないです。

茂右衛門 ショーケース

トゥランシュ シャンプノワーズ 630円 (税込)

このお菓子は ほんと色んなお店で食べましたね。 茂右衛門では初めてかな。
シャンパンのムースの香りが弱いかな と思いましたが, マール酒のバタークリームなどは美味しいです。

茂右衛門 トゥランシュ シャンプノワーズ 630円 (税込)

レグリス 630円 (税込)

レグリスとアッサムのムースショコラ と 胡桃のムース, ノワゼットの生地。
マール酒が主張して, レグリスは言われないと分からないかも? という印象でしたが 美味しいですね。 もちろんレグリスの味は知ってます。
胡桃のムースはもちろん酸化臭など無く, 質が良くないとできない綺麗な味わい。

茂右衛門 レグリス 630円 (税込)

クール デ ジル 630円 (税込)

アロマティックなピスターシュの味わいに, キレの良いショコラとフルーツの香りと味わい。

茂右衛門 クール デ ジル 630円 (税込)

それいゆ 630円 (税込)

ジュニパーベリーを使った生地のスパイシーに感じる味わいと, ややコシのある食感, 柑橘系の味わいが合さって少しパンデピスを思わせる。
この柑橘の主張や味わいが良いですね。 奄美大島の “たんかん” だそうですが, 足りない部分をしっかり補っている印象。

茂右衛門 それいゆ 630円 (税込)

パン デピス フーレ 630円 (税込)

これはすごく美味しい!
カルダモンが入っているか分かりませんが, そのようなニュアンスもあり, レモンやオレンジの 爽やかで明るい軸のある味わい と スパイス感。
見た感じ, 甘く重ったるそうな品ですが 全くそんなことはなく, イチジクの厚みのある味わいやスパイス, 柑橘などによる複雑な香りと味わいでとても美味しい。 柑橘がめちゃ良い仕事しています。 とても良い香り。

イルプルのは食べたことがないですが, こういう味わいをつくり出せる日本人のパティシエはほとんどいないだろうなぁ。

茂右衛門 パン デピス フーレ 630円 (税込)

ボワ 630円 (税込)

栗とミルクチョコのムースリーヌ, フレーズ デ ボワ, オレンジフラワーウォーター (Eau de fleur d’oranger), 栗のビスキュイ, 栗の甘露煮。

何度か食べてますが, やはりこれは美味しいですね。
コクのある味わいにアロマティックなフルールドランジェの香り。
複雑でコクがありながら華やかなお菓子です。

茂右衛門 ボア 630円 (税込)

パン デピス フーレ がとても美味しかったです。

このお店はタルト生地がもう少し美味しかったらいいなと思いますね。
また, この後 2018年2月 と 10月 にも訪問していますが, その時の印象があまり良くなかったので評価を1つ下げました。
日本の評価の基準だとこのくらいかなと思います。

洋菓子舗・茂右衛門 記事一覧はこちら

洋菓子舗・茂右衛門  ☆9
東京都国分寺市南町 2-18-3   042-323-8200
営業時間 11:00 ~ 22:00
定休日 月曜日, 火曜日
駐車場 無
テイクアウトのみ
facebook



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です